TBS 1月スタート火曜ドラマは深田恭子主演のラブコメディに決定

dwango.jp news / 2018年10月23日 6時0分

TBSでは、2019年1月スタートの火曜ドラマ枠で『初めて恋をした日に読む話』を放送することが決定した。

原作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名漫画。脚本は『ダメな私に恋してください』『あなたのことはそれほど』などを手掛け、コミカルかつ繊細な人物描写に定評がある吉澤智子が担当する。

主人公・春見順子役にはTBS連続ドラマの主演が3年ぶりとなる深田恭子が決定した。


ドラマ、映画、CM、舞台とジャンルを問わず様々な役を自在にこなす深田が演じる今回の役どころは、人生なにもかも上手くいかない、いちいち残念なしくじり鈍感アラサー女子。優等生として成長した順子は、東大受験・・・失敗、就職活動・・・失敗、そして、婚活サイトに登録するも・・・交際も失敗。現在は塾講師として働いている。そんな順子の前に、タイプ違いの3人の男性が現れることから、順子の人生のリベンジとも言える闘いが始まる。

その一人、クールなルックスかつエリートで「出来る男」の品格がある順子の従兄弟・八雲雅志役には、様々なドラマや映画で主演を務める演技派俳優・永山絢斗。超が付くほどのバカ高校に通う、髪をピンクに染めた不良高校生・由利匡平役には、話題の主演作品が立て続けに決定している今大注目の若手イケメン俳優・横浜流星。さらに、順子、雅志と同級生で匡平の担任をしている高校教師・山下一真役には、朝ドラで人気を博し、現在ドラマや舞台、映画、CMに引っ張りだこ、役によって姿を変えるカメレオン俳優・中村倫也が決定した。

恋も受験も就職も失敗したアラサー女子・順子は、教え子・匡平の東大 受験という転機を迎えて、人生を取り戻すことが出来るのか? さらには、思いもしなかった突然のプロポーズ・・・32歳鈍感女子の気付かぬところで恋のフラグが立っている!? 人生を変えてしまうようなドキドキでキュンキュンな驚きの出来事が、いくつも待ち受けていようとは思いもせずに・・・。

個性豊かな登場人物たちとの人間関係も交え、笑って泣いてキュンとするラブコメディで、見る人に元気をお届けする!! この冬一番のラブストーリーをお楽しみに。


<深田恭子コメント>

あの時こうしていたら、もっと頑張っていたら。

このドラマでは、そんな後悔をしている主人公・順子が自分の人生を取り戻す為に奮闘し、尚且つ、イケメン3人に囲まれて恋をするという何とも贅沢なラッキーラブコメディです。永山絢斗さん、横浜流星さん、中村倫也さんとそれぞれタイプの違う素敵な男性たちとの恋を楽しんで頂いて、「初めて恋をした日」を 皆さんにも体感して頂けたらと思います。


<永山絢斗コメント>

今回演じる“八雲雅志”はスーパーエリートで、7秒女性と目を合わせれば告白されるようなやつですが、自分の恋だけは思い通りになりません。『平成』最後の連続ドラマであり、僕自身、20代最後の作品にもなりました。観ていただく方に楽しんでもらえるよう、尽力したいと思います。

 

<横浜流星コメント>

TBS人気枠の連続ドラマに出演させていただくことが初めてなので大変うれしく思います。さらに、魅力的でカッコ良い由利匡平を演じられること、また深田さんをはじめとした素敵な共演者の方々とスタッフの皆さんと一緒に作品に携わることが幸せです。底辺高校から、東大合格という無謀な挑戦を順子と匡平は達成出来るのか、その姿を見守ってほしいです。様々な世代の方々にこの作品が届きますように! ぜひ楽しみにしていてください!


<中村倫也コメント>

僕が演じる山下の印象は、真っ直ぐで、自分の気持ちをちゃんと言葉にする人。男らしい人。友達にこんなヤツいたら気持ちいいだろうなあ〜と思いながら原作を読みました。脚本を読むと、スカッシュのような楽しい掛け合いになりそうな予感。力み過ぎず、でもしっかり奥まで届くように。繊細に作り上げていきたいと思います。どうかご期待ください。


<有賀聡プロデューサー コメント>

1月期火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』は持田あきさんの最高に胸キュンな原作を吉澤智子さんが最高にドキドキする脚本に仕立てて下さいました。芯はあるけどどこか抜けていて超鈍感な主人公“春見順子”は深田恭子さんに演じて頂きます。深田さんの かわいらしさと圧倒的な存在感が、キュートで明るく前向きな“春見順子”と融合したとき、どれほど素晴らしいキャラクターが生まれるのか、今から期待に胸が膨らみます。ドラマを見終わった後、きっと大切な人、大好きな人を思い出すような素敵な作品を目指していきたいと思います。ぜひご期待下さい!

ⓒTBS



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング