ディーン・フジオカ、台湾・高雄映画祭オープニングレセプションに登壇

dwango.jp news / 2018年10月25日 22時0分

現在国内で公開中の『海を駆ける』(英題:The Man From The Sea)が、先日閉幕した第 23 回釜山国際映画祭(10月 4 日~13 日)"アジア映画の窓"部門にて、国外初上映が実施された。上映後の Q&A には深田監督も登壇し、ディーン・フジオカ演じる謎の男・ラウの解釈について、観客達と活発な議論が交わされた。

また現在、台湾・高雄氏で開催中の"2018 高雄映画祭"では、オープニング作品として上映された。10 月 20 日のオープニングレセプションには主演のディーン・フジオカ、深田監督が登壇し、ディーンからは中国語で挨拶が行われた。

台湾を活動の拠点にしていたディーンの主演作ということで作品への注目度も高く、レセプションの模様は現地の「蘋果日報」、「中國時報」、「自由時報」、「聯合報」という4大新聞の全てで写真入りで大々的に報じられている。

オープニング上映の翌日には、台湾公開を控えての上映イベントが台北にて実施された。カンヌ国際映画祭受賞作品『淵に立つ』以来の新作ということもあり、深田監督の最新作を心待ちにした映画ファンと、熱狂的なディーンファンとで会場は満席となった。上映後に深田監督とディーン・フジオカが登壇した Q&A では、流暢な中国語で会場を沸かせるディーンと、映画の内容を掘り下げる質問に監督が自身の解釈を披露し、最後は観客全員との記念撮影をする等、終始熱気を帯びたイベントとなった。

ディーンは今回の行程中に行われたすべての取材、観客との Q&A、映画祭とのコミュニケーションをすべて中国語のみで行っていた。台湾では Sky Digi Entertainment 配給で、10 月 26 日からの劇場公開が決定している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング