真木よう子 都市銀行の営業課長役に、20年の時を経て漫画「この女に賭けろ」初実写化

dwango.jp news / 2018年11月29日 7時0分

女優の真木よう子が、2019年1月クール・テレビ東京ドラマBiz「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」(毎週月曜夜10時放送)で主人公の原島浩美を演じることが決定した。2018年4月クールよりスタートしたテレビ東京の新ドラマ枠「ドラマBiz」では、月曜夜10時の時間帯に『働く』ことをテーマとし、大人たちへ向けた上質で本格的なビジネスドラマを放送。同枠で女性主人公を演じるのは、真木が初となる。

「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」は、1993年から1997年にかけて「モーニング」(講談社)で連載され、都市銀行で働く女性総合職の主人公が大胆な発想と行動力で、業績不振の支店の立て直し等を手掛け、上り詰める様子を描いた作品となっており、20年の時を経て初めて実写化される。

事務所移籍後、連続ドラマ初主演を飾る真木は、本作品の主人公で、トラブルメーカーと噂されるが、法人営業課長に大抜擢された原島浩美を演じる。決め台詞は、「恐れながら申し上げます」。どんな相手にも臆せず正論を吐き、お客様第一の銀行員として、管理職として真っ当に仕事を進めていく姿を痛快に描いていくストーリーとなっている。真木は同作のオファーに対して「原作となっている漫画がとてもおもしろく、見るものを引きつけると思いお引き受け致しました」とコメント。「何事にも穏やかな顔を貼り付け、核なる部分を切りこんでいきたい」とし、「とにかく真木よう子を崩して、「エンターテインメント」のドラマをより多くの方々にお楽しみ頂ける様、頑張らせていただきます」と語った。

プロデューサーの阿部真士氏は「強く、カッコいい女性を演じさせたら右に出るものはいないと個人的に思っている真木よう子さんに、敢えて、物腰柔らかく、丁寧で、だけどちょっと天然な鈍感さを持つキュートな女性・原島浩美を演じて貰います」と起用理由を明かすと「いつも企画書はラブレターだと思って作ります。真木よう子さんに想いが届いた、その事実だけでご飯を大盛り3杯はいけます」と喜びを語り「想いに応えられるように、今回はマジで数字を獲りに行きます」と意気込んでいる。等身大でありながら天然な鈍感さと強さを併せ持つ、キュートな銀行員・原島浩美に、視聴者は自らを重ね合わせ、憧れること間違いなし。月曜日の夜に、1週間の仕事への活力を与えてくれるドラマとなりそうだ。


原島浩美役:真木よう子コメント
この作品のオファーをいただいた時に、原作となっている漫画がとても面白く、見るものを引きつけると思い、お引き受け致しました。私が演じる原島浩美は物腰穏やかで、且つ天性の銀行職員という印象を受けました。何事にも穏やかな顔を貼り付け、核なる部分を切りこんでいきたいと思います。とにかく、真木よう子を崩して、「エンターテインメント」のドラマをより多くの方々にお楽しみ頂ける様、頑張らせていただきます。

プロデューサー:阿部真士(テレビ東京制作局ドラマ制作部)コメント
強く、カッコいい女性を演じさせたら右に出るものはいないと個人的に思っている真木よう子さんに、敢えて、物腰柔らかく、丁寧で、だけどちょっと天然な鈍感さを持つキュートな女性・原島浩美を演じて貰います。

少し前に真木さんと初めてお会いしました。柔和で、キュートで、芯の強さがある。飄々と見せかけて、でも、少しの不安だったり、実はドキドキしていたりという人間くさいところもありそうだな。そんな印象でした。それって、本作の主人公・原島浩美なんです。「強い女性」を描くドラマというと、主人公は本当に強くて、動じなくて、スパッと悪を切ります。ですが、テレ東の月曜22時の枠の主人公はもう少しリアリティがあります。つまり、我々と近い存在です。不器用で、だけど、普段は絶対に言えない正論を代弁してくれる。世の中の多くの人は会社員で、仕事の内容や人間関係に不満を持つ人がとても多くいます。グッとこらえる、理不尽も受け入れる、それが美徳であると我々は刷り込まれてきました。嫌な上司や生意気な部下や偉そうな取引先などに対して抱く疑問や正当性を主張できたら・・・そんな想いを本作の主人公・原島浩美は代弁します。是非、ご期待ください。

最後に、いつも企画書はラブレターだと思って作ります。真木よう子さんに想いが届いた、その事実だけでご飯を大盛り3杯はいけます。ダイエット中ですが。想いに応えられるように、今回はマジで数字を獲りに行きます。


【番組概要】

■タイトル : 「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」

■放送日 : 2019年1月スタート毎週月曜日夜10時放送

■主演 : 真木よう子

■監督:星野和成、小野浩司

■脚本:西田征史

■音楽:信澤宣明

■プロデューサー:稲田秀樹・阿部真士(テレビ東京)・八巻薫(MMJ)

■制作:テレビ東京/メディアミックス・ジャパン

■原作:周良貨作 夢野一子画


©周良貨作・夢野一子/講談社


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング