SKE48須田亜香里「触っていいですよ」エロくなった瞬間告白

dwango.jp news / 2019年8月6日 11時12分

「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、「AbemaSPECIALチャンネル」において、レギュラー番組『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#122を8月5日(月)夜9時から放送した。 

今回は、美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”に、モデルでグラビアアイドルの高田秋、自称“ブス”メンバーに、SKE48の須田亜香里、お笑いコンビ・ゆにばーすのはらを迎えてお送りした。



「おねだりをした話」のトークテーマでは、“美人コメンテーター”の高田が「女の子とよく立ち飲みに行くんですけど、ダイエットしてるから、夜になってくると、(女友達が)〆の一杯に付き合ってくれないんです。めっちゃラーメン食べるので、だからそれはめっちゃおねだりします」と発言。これに矢作が「〆のラーメンか。でもお酒が強いから」と返すと、高田は「お酒は好きなんですけど、本当はそこまで強くないんです」とコメント。小木が「若いときのお酒の失敗談を聞かせて」と、高田に再び話を振ると、「でも、つまんないですよ…。夜中の3時くらいに酔ってフラフラ帰ってきて、買ったばかりのiPhoneを洗濯して壊したという話です」と語ると、矢作が「いや~つまんない(笑)」と突っ込み、スタジオに笑いが起こった。

また「エロくなった瞬間」のトークテーマでは、自称“ブス”メンバーから「カプセルホテルに1人で泊まった時」、
「四つん這いで物を探している時」、「小説の官能描写を読んだ時」といったエピソードが語られた中、SKE48の須田も「私も思い出したのがありました!人間の三大欲求って、食欲、睡眠欲、性欲があるじゃないですか?(私は)アイドルなので性欲は満たされない状況で日々過ごしているわけじゃないですか。でも多分、体は欲しているんでしょうね。それで音声さんにピンマイクをつけてもらう時に、服をつまもうとして、触っていいのか躊躇しているのを見た時に、『触っていいですよ』と言うのが好き」と明かし、自称“ブス”メンバーたちから「可愛い!」と声が上がった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング