鈴木友梨耶&真梨耶が姉妹でW主演の舞台 公演スタート

dwango.jp news / 2019年8月6日 23時18分

姉妹ユニットROSE A REAL(ローズ ア リアル)として活動中の鈴木友梨耶(すずき・ゆりや)と鈴木真梨耶(すずき・まりや)が6日、築地本願寺ブディストホールにて舞台『スタントウーマン』でダブル主演の初日を迎えた。

鈴木姉妹は元Cheeky Parade(チィキィパレード)のメンバーで、現在は姉妹ユニットのROSE A REALとして活動をしている。


舞台「スタントウーマン」は、昨年5月に公演され、オール女性キャストによる本格アクションが話題となった。

東北の寒村で育った少女・島田アキが、憧れのスタントウーマンになるべく上京し、自分自身を見つけだすストーリーをもとにアクション満載、歌満載で構成されるガールズミュージカル。華厳組、那智組の2つに分かれ、鈴木姉妹は華厳組でダブル主演を務める。それぞれ、友梨耶がマリー倉本、真梨耶が島田アキを演じる。

 今回の舞台の初公演を終えて真梨耶は、「今回稽古期間が2ヶ月弱という長い期間でした。2ヶ月あったからこそ初めてのミュージカル、初めてのアクションも一生懸命頑張れました。そして、初めての主演を姉妹でできたことが本当に嬉しいです。」と語り、友梨耶は、「初めての主演が姉妹でダブル主演ということが本当に嬉しいです。ずっとやりたいと思っていたミュージカルも初めてだし、アクションも初めてだし、真梨耶は方言に挑戦したのも初めてでした。稽古の2ヶ月って長いようであっという間だったんですけれども、いざステージに立ってみたらすごい楽しかったです。これから千秋楽に向けてより良い作品にしていきたいです。」と語った。また、みどころを聴かれると友梨耶は、「姉妹で歌うところです!なかなか主演同士で歌わないので珍しいと思います。」

真梨耶は、「姉妹で心を一つにした、最後の二人の掛け合いがみどころです!」とそれぞれ舞台のみどころを語った。

2人がダブル主演を務める舞台「スタントウーマン」は8月6日から12日まで全12公演(華厳組、那智組合わせて)予定。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング