フジファブリック、名曲『手紙』のMVフルを期間限定公開 山内の地元大阪への想いを綴る

dwango.jp news / 2019年8月9日 21時0分

2019年、デビュー15周年を迎え、そして志村正彦(Vo/G)没後10年となるフジファブリック。
先ほどテレビ朝日系「ミュージックステーション」へ初出演を果たしたばかりの彼らの楽曲『手紙』のMUSIC VIDEOのフルサイズが公開された。

『手紙』は8月28日に発売されるフジファブリック初のプレイリストアルバム『FAB LIST 2』のラストを飾り、山内の地元大阪への想いを綴った歌詞がファンのみならず、各所でも話題を呼んでいる楽曲。

MUSIC VIDEOは『茜色の夕日』、『ポラリス』と、フジファブリックとタッグを組んでいる山口保幸が監督を務め、“ふるさと”をテーマに山内にゆかりのある場所で撮影が行われ、既にショートverが公開されているが、フルサイズの公開を待望する声に応える形で、この度フルサイズの公開となった。

そんな『手紙』も収録される『FAB LIST』は過去に在籍していたEMI Records / ユニバーサルミュージックから『FAB LIST 1』、そして現在在籍しているSony Musicから『FAB LIST 2』として、2枚同時リリースとなる。

収録楽曲は共にファン投票TOP15位がそのまま収録される形となり、EMI在籍時(2004年~2009年)の楽曲が対象となった『FAB LIST 1』は、今やフジファブリックの代名詞とも言える代表曲『若者のすべて』、四季毎にリリースされた『桜の季節』『陽炎』『赤黄色の金木犀』『銀河』に加え、流石はファンの皆さま!な、実に粋な選曲が存分に反映された、とても想いのこもったスペシャルプレイリストとなった。

そして、初回生産限定盤には、EMI在籍時代に録り溜めたツアーやライブより厳選した貴重なライブCDとして、「TOUR RAINBOW OF SUMMER 2005」ファイナルの2005年7月21日(木)、フジファブリック初の渋谷AXワンマンライブから全15曲を収録することが決定。2004年にデビューし、ライブを重ねた上での事実上初の全国ツアー。そのファイナル公演、勢い有り余るあの当時の様子を是非その耳で堪能して頂きたい。

そして、現在在籍しているソニー・ミュージック(2010年~2019年)の楽曲が対象となった『FAB LIST 2』にはドラマ「モテキ」主題歌&映画「モテキ」オープニングテーマとなった『夜明けのBEAT』や、俳優:山田孝之とのコラボレーションが話題を呼んだ『カンヌの休日 feat.山田孝之』、そして『手紙』など、デビュー15周年の節目にふさわしい、ファンの想いが込められたプレイリストが収録される。初回生産限定盤にはソニー・ミュージック移籍以降行われたライブ音源より厳選した“LIVE SELECTION”音源を14曲、DISC2として収録する。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング