テミン(SHINee)、自身初の週間ランキング初登場1位を獲得

dwango.jp news / 2019年9月3日 11時59分

テミン(SHINee)のミニアルバム『FAMOUS』がオリコン週間アルバムランキング(9/9付)で初登場1位を獲得した。
テミンは今年、初の全国ソロアリーナツアー「TAEMIN ARENA TOUR 2019 ~X™~」を開催し、17公演で15万人を動員し大成功をおさめたばかり。さらに、今年の10月にはSM ENTERTAINMENTと米国のCapitol Music Groupがタッグを組むグローバルプロジェクト「SuperM」としての全米デビューも決定し、全世界へ活動の幅を広げている。

そんな中、発売された今作『FAMOUS』は、テミンの日本での3枚目となるミニアルバム。2016年、ミニアルバム『さよならひとり』でソロデビュー以来、週間アルバムランキングで1位を獲得するのは、ソロアーティストとして、自身初となる。
このミニアルバム『FAMOUS』は、アルバムの発売に先立ち、先行デジタル配信されるやいなや世界各国12ヶ国 のiTunesアルバムチャートで初登場1位を獲得、さらには27ヶ国でTOP20入りし、世界各国で話題をさらっていた。そして満を持して発売日を迎え、初のオリコン週間アルバムランキング1位獲得となった。

ワールドトレンドを取り入れ、洗練されたサウンドにより完成度の高い一枚であると評価される『FAMOUS』だが、特にリード曲「Famous」は、東京ドームで開催された「SMTOWN LIVE 2019 IN TOKYO」や自身の初アリーナツアー「TAEMIN ARENA TOUR 2019 ~X™~」ファイナル追加公演でもアンコールで披露され、サウンドのみならずパフォーマンスでも観客に鮮烈な衝撃を与えた。既に公開されているミュージックビデオはその完成度から、全世界のファンを虜にし続けている。
K-POPの「アベンジャーズ」とも言われ既に全世界からその全貌が待ち焦がれ期待されている「SuperM」として全米デビューも決定し、アーティストとして進化し続けるテミン。彼の現在の最高傑作と呼べるは、3rdミニアルバム『FAMOUS』はファンのみならず絶対に見逃せない作品であることは間違いない。




この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング