BanG Dream!発ボーイズバンド完成までの道、距離を縮めたのは意外な場所

dwango.jp news / 2019年9月5日 20時30分

様々なメディアミックスを展開する“BanG Dream!(バンドリ!)”発のボーイズバンドプロジェクト“ARGONAVIS from BanG Dream!(アルゴナビス フロム バンドリ!)”がスタートし、声優陣によるバンド、Argonavisが結成されたのが、2018年5月のこと。それから1年、Argonavisは数々のライブステージを体験し、成長を重ねてきた。


アニソン定額配信サービス「ANiUTa」が、人気のアーティストや声優を毎月ピックアップ特集する「マンスリーアーティスト」。ドワンゴジェイピーnewsでは、そのインタビュー記事の一部と撮り下ろし写真のアナザーショットをお届けする。マンスリーインタビューには、Argonavisのメンバー5人を代表して、ボーカル・七星蓮役の伊藤昌弘と、ギター・五稜結人役の日向大輔が登場。(文中の写真は独占カット!)バンドにかける熱い思いを語っている。

まずは、Argonavisの発足時に時間を戻して、当時の思いを聞いてみた。


日向「結成時は、僕とキーボード担当・桔梗凛生役の森嶋秀太さん、ベース担当・的場航海役の前田誠二さんの3人でした。森嶋さんは先輩ということもあって、口数が少なく落ち着いたタイプという印象で、前ちゃんも真面目なイメージがありましたね。自分はけっこうわちゃわちゃするタイプだったので、仲良くなれるかなと(笑)。でも、二人ともすぐに心を開いてくれて、しゃべりやすかったです」


Argonavisの最初のライブ『0-1st LIVE -始動-』は、2018年7月29日に、東京・下北沢のライブハウスGARDENで開催された。


日向「新たな『バンドリ!』のバンドとして、ファンのみなさんに受け入れてもらえるか、不安はやっぱりありました。でもステージに出た途端、お客さんがその不安を一瞬にして吹き飛ばしてくれて、思いっきりやっていいんだ! と気持ちが切り替わりました。とにかくお客さんとの距離が近くて、ギターソロで前に出て行くと、ものすごい熱気を感じました」


同年9月15日には、同じく下北沢GARDENで、『0-2nd LIVE -始動-』を開催。伊藤が、新メンバーとしてファンの前に初めて姿を現した。


伊藤「4曲目までは、0-1stと同じように、ひゅーすけ(日向)達3人でライブをやって、5曲目の「Butter-Fly」で僕がサプライズ登場するという演出でした。「Butter-Fly」はボーカル始まりで、しかもアカペラだったのでドキドキしたんですが、むしろ最初にアカペラを歌いきったことで、舞い上がっていた気持ちが我に返って、いいパフォーマンスができました」


日向「伊藤くんが歌い始めたときは、感動してうるっと来ましたね。練習で何度も彼の歌を聴いてはいたんですけど、初めてお客さんの前で歌う姿を見て、やっぱり伊藤くんの歌声には人を引きつけるパワーがあるなと思いました。すごいボーカリストがArgonavisに入ってくれたんだなって」

伊藤から見た、メンバー3人の第一印象はどうだったのか?


伊藤「3人に初めて会ったのは、実は『0-1st』よりも前のことで、ひゅーすけ達がライブの特典グッズにサインを入れる仕事をしていたときでした。ひゅーすけは、見た目はいかついなと思ったんですけど、しゃべるのを聞いたら、優しい人っぽいなと」


日向「優しい人っぽいって、なに?(笑)」


伊藤「だって初対面で、性格なんて分からないから。前田くんは若いのにしっかりしてそうで、森嶋さんには大人のオーラを感じました。その後、ひゅーすけとは他のアーティストさんのライブ会場で会ったんですけど、仲良くなりたいと思って、ひゅーすけがトイレに行くのに、僕もついて行ったことがあって(笑)」


日向「あの日のトイレで距離が縮まりましたね(笑)。…


気になる続きは、ANiUTa「マンスリーアーティスト」Argonavis特集ページに掲載。この後、現在「幽☆遊☆白書」飛影役で活躍中の橋本祥平との出会いなど、Argonavisの形が完成するまでの過程や、声優という仕事についても語っているので、ぜひチェックしてみよう。


次回:
第2回「1stシングル「ゴールライン」は、何度聴いても飽きません!」



インタビュー・構成=鈴木隆詩


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング