Fカップ美女古川真奈美、V字ハイレグ水着「一瞬全裸なの?ってビックリしちゃうかも」

dwango.jp news / 2019年9月8日 22時30分

88センチのFカップバストに、スレンダーボディが魅力の古川真奈美が、6枚目となるDVDと『LOVEまなみん』(スパイスビジュアル)をリリース。発売を記念したイベントが、秋葉原のソフマップで行われた。


4月に山梨県で撮影された今作は、バスガイドに扮した古川と運転手とのラブストーリーを描いた作品になっている。「今回が6作品目なので、自分の中では気持ちに余裕があったので、どうやったらキレイに映るかとかどうやったらセクシーに見せれるとか追求しながら演出をしてみました。いろいろ研究していく中で、女性の手つきってエロさを引き立てると感じたので、今回の作品では、どのシーンでも余裕のある手つきに注目してほしいです」とアピールした。

オススメのシーンについては、「ジャケットにもなっている露天風呂のシーンですね。インパクトのあるV字ハイレグの水着を着ました。一瞬全裸なの?ってビックリしちゃいそうな衣装を着させてもらいました。これも結構ギリギリの衣装だったので、なかなかのエロさが露天風呂とマッチしていて、私的にはすごく素敵な衣装を着させてもらったと思っています」と満足そうに語った。

そんなセクシーな衣装は着るのに苦労したそうだが、「何回も直しながら撮影をしました。じつはポロリとかしていたみたいなんですよ。でも撮影では集中しているので、自分では気が付かないんです」と明かした。その中でも一番のセクシーなシーンは、「ハイレグの競泳水着を着ているんですけど、前がガッツリ開いていて、後ろもヒップのラインがキュッと閉まるような水着なので、ヒップラインもわかりやすいし、露出度以上にセクシーなシーンになっています」と説明。このシーンでの撮影ではハプニングが続出、「河川敷で撮影をしたんですよ。体操をしたり川遊びをしていまして、やっていることは問題なかったと思うんですけど、河川敷が大通り沿いにあったので、車とか人も多く通る場所だったんですよ。車とか人が通ると撮影を止めて隠れたりしていました。ある意味では危険な撮影だったかもしれませんね」と明かした。

今作では運動や身体を動かすことが多かったそうで、「作品ではいい運動をさせていただいたんですけど、年齢のせいかゼイゼイしちゃっているんですよ(笑)。それもしっかりDVDに撮られているので、そこは恥ずかしいか思いました。最近は体力の衰えも感じるようになったので、パーソナルジムに行ったり、ゴルフのレッスンをしたりとか、今までにやったことのないことを30代になってやり始めました」とまさかの体力の衰えを告白。

セクシーなシーンも見どころの今作だが、あえて運動のシーンも観て高まるのも楽しいかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング