カバーは運命?バンドリ!声優バンドが明かす『天体観測』との“縁”

dwango.jp news / 2019年9月11日 18時0分

アニソン定額配信サービス「ANiUTa」が、人気のアーティストや声優を毎月ピックアップ特集する「マンスリーアーティスト」。ドワンゴジェイピーnewsでは、そのインタビュー記事の一部と撮り下ろし写真のアナザーショットをお届けする。

マンスリーインタビューには、BanG Dream!(バンドリ!)発のボーイズバンドプロジェクト“ARGONAVIS from BanG Dream!(アルゴナビス フロム バンドリ!)”で、声優陣により結成されたバンド・Argonavisが登場。メンバー5人を代表して、ボーカル・七星蓮役の伊藤昌弘と、ギター・五稜結人役の日向大輔が登場。(TOPの写真は独占カット!)バンドにかける熱い思いを語っている。


──ライブを重ねるごとに、少しずつオリジナル曲の数を増やしていったArgonavis。しかしライブをオリジナル曲だけで構成するには、まだ曲数が不足していて、彼らのライブでは、アニメソングを中心に邦楽アーティストのカバー曲が数多く演奏される。

ともにTVアニメのオープニングテーマだった、「メリッサ」や「リライト」、TVアニメのエンディングテーマだった「シュガーソングとビターステップ」、さらには「天体観測」のような有名曲が、Argonavisライブに一体感をもたらしている。


伊藤「カバー曲はプロデューサーが選んでくれたものですが、僕らにとっても思い入れ深いものが多いですね。僕は音楽をやる上で最初の大事な出会いが中学生のときにあって、そいつと二人でバンドを組もうぜ! となったときに、ポルノグラフィティさんみたいになりたいねって話し合ったんです。その頃に聴いたのが「メリッサ」で、自分にとっては思い出の一曲です。それから姉がBUMP(=BUMP OF CHICKEN)のファンだった影響で、「天体観測」も大好きでした」


日向「僕は地元の宮崎県日向市でバンド活動をしていたんですけど、ライブハウスがないので、ライブをする場は夏祭りのステージとかなんですよ(笑)。そこで演奏した曲の一つが「天体観測」だったので、Argonavisで演奏することになったとき、不思議な気持ちになりました」


伊藤「カバー曲は、メンバーで練習を重ねながら、ここはこうしたいね、と話し合って仕上げていってます。」


日向「思いついたことは何でも言い合える、風通しのいい環境ができあがっています」


──二人にとって、アニメソングとはどういう存在なのだろうか?


日向「僕の地元はTVが3チャンネルしかなくて、子供の頃、放送されるアニメの数はそんなに多くなかったんです。それでも漫画が大好きだったので、アニメもけっこう見ていて、『ドラゴンボール』『スラムダンク』『るろうに剣心』『幽☆遊☆白書』と、ジャンプアニメが中心ですね。中でも『ドラゴンボール』は大好きで、影山ヒロノブさんの「CHA-LA HEAD CHA-LA」(TVアニメ『ドラゴンボールZ』オープニングテーマ)や、FIELD OF VIEWさんの「dan dan 心魅かれてく」(TVアニメ『ドラゴンボールGT』オープニングテーマ)が心に残っています」

伊藤「僕も、あまり多くのアニメを観てきたわけではないですが、ずっと音楽をやっていたので、この作品は自分が好きなバンドが主題歌を歌っているなとか、今はこんなバンドが人気があるんだと思ったりしながら、アニメを見ていました。今、Argonavisは、TVアニメ『カードファイト!! ヴァンガード 新右衛門編』のエンディングテーマ「ギフト」を歌わせていただいてますが、キャラクターの感情やストーリーの展開によって、曲の印象って大きく変わるんだなと実感しています」


日向「アニメを通じて曲を聴くことで、作品と一緒にずっと心に残っていく。そんな魅力がアニメソングにはあると思います。…


気になる続きは、ANiUTa「マンスリーアーティスト」Argonavis特集ページに掲載。1stシングル『ゴールライン』の“不思議な”魅力や裏話も披露しているので、ぜひチェックしてみよう。


インタビュー・構成=鈴木隆詩

ⒸANiUTa 2017 Co.,Ltd.



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング