イケメン声優バンド、髪型や髪色もキャラに近づけ「リアルでも…」

dwango.jp news / 2019年9月25日 18時0分

アニソン定額配信サービス「ANiUTa」が、人気のアーティストや声優を毎月ピックアップ特集する「マンスリーアーティスト」。ドワンゴジェイピーnewsでは、そのインタビュー記事の一部と撮り下ろし写真のアナザーショットをお届けする。

マンスリーインタビューには、BanG Dream!(バンドリ!)発のボーイズバンドプロジェクト“ARGONAVIS from BanG Dream!(アルゴナビス フロム バンドリ!)”で、声優陣により結成されたバンド・Argonavisが登場。メンバー5人を代表して、ボーカル・七星蓮役の伊藤昌弘と、ギター・五稜結人役の日向大輔が登場(TOPの写真は独占カット!)がバンドにかける熱い思いを語ってきた。いよいよ最終回。どんな話が飛び出すのか? 


──2ndシングル「STARTING OVER / ギフト」には、ボイスドラマ「ある夏の日」が収録されている。夏祭り会場でのライブに向けて練習を重ねる5人の姿を描いた清々しいストーリーだ。伊藤昌弘と日向大輔は、どのような思いで収録に臨んだのだろう?


伊藤 「ボイスドラマ「ある夏の日」は、蓮くんがボーカリストとして劇的に変わったエピソードが描かれているんです。音楽活動を通して自分の何かが変わるというのは、僕自身も経験してきたことなので、自分との共通点を感じながら演じることができました」


日向 「僕も、今回のボイスドラマを通じて、結人くんとさらに近づけたと思います。まず、夏祭りのライブに出演するというのが、僕の地元での経験とばっちり重なって。Argonavisはドラムの(白石)万浬くんの実家である酪農場の納屋で練習していましたが、僕らも地元にはスタジオがなかったので、山に行って練習したりしていました(笑)」


伊藤 「Argonavisのみんなが暮らしているのは函館ですけど、いくら北海道と言えども夏は暑いと思うんです。それなのに冷房のない納屋で練習するなんて、みんな頑張ってるなと。きっとサウナ状態ですよね(笑)」


日向 「めちゃくちゃ暑いと思う(笑)」


伊藤 「でもストーリーには刺激を受けました。蓮くんはとにかく歌いたいという気持ちが出発点だったと思うんですけど、夏祭りでライブをすることで、お客さんという存在に気づき、誰かのために歌いたいという思いが芽生えるんです。僕は、蓮くんがそう考えられるようになったのが本当に嬉しくて。Argonavisとして、音楽でみんなの背中を押していきたいと思っている自分と、蓮くんが重なり合った瞬間を味わえました」

日向 「僕は結人くんに少しでも近づきたくて、髪型や髪色も変えたんです。もともと性格的にも似ている部分が多いので、普段、メンバーと会話をしているときも、今の言い方、結人っぽいなっていう言葉が自分から自然に出たりするようになってきました。そのうち、リアルでも、日向大輔じゃなくて五稜結人になるんじゃないかと思ってます。いや、なに言ってるんだ、自分?(笑)」


伊藤 「はははは(笑)」


日向 「でも、やってみなきゃわからないという根拠のない自信は、僕も結人くんも全く同じなんですよ。昔からずっと、なんとかなるだろうという気持ちで生きてきた自分としては、結人くんはすごく身近で演じやすいですね」


伊藤 「メンバーはみんなそれぞれ、キャラクターとの共通点があるように感じます。万浬役の(橋本)祥平くんも、お金が大好き……ということはないんですけど(笑)、周りをよく見ている視野の広さとか、場の空気をよくするムードメーカーなところは似ていますね。みんな、普段からキャラクターを意識しているわけではないのに、ふと出た言葉がキャラクターっぽいというのは少なからずあって、Argonavisを演じる時間が長くなるに連れて、それが増えていっているような気がします」…


このあと、普段の自由な姿が見られるというBlu-rayについてや、12月5日に行われる2ndライブについても語っている。気になる続きは、ANiUTa「マンスリーアーティスト」Argonavis特集ページをチェックしてみよう。



インタビュー・構成=鈴木隆詩

ⒸANiUTa 2017 Co.,Ltd.


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング