テミン(SHINee)ソロとして初の『anan』表紙に登場、“世界クラスの色気”を披露

dwango.jp news / 2019年10月7日 18時0分

アメリカのCapitol Music GroupとSM ENTERTAINMENTがタッグを組んだグローバルプロジェクト「SuperM」として、全世界デビューをし、全世界規模で活動の幅を広げるテミン。ソロとして初の全国アリーナツアー「TAEMIN ARENA TOUR 2019 ~X?~」の映像作品を11月27日発売を発表するなど日本でも精力的に活動する中、ソロとして初となる『anan』表紙に登場することが発表された。
10月16日発売に発売される「纏(まと)う、色気」特集のanan(2172号)で、表紙とセンター16ページのグラビアでその世界クラスの魅力を披露する。
いつまでも色褪せない透明感、ダンスによって磨かれ続ける無駄のないボディライン、どこか神秘的な表情の数々。テミンの今の魅力をとらえた極上のカットが満載。しかも表紙およびセンター16ページという大ボリュームで、アーティストとして、そしてひとりの青年としての品格と美しさをたたえたグラビアはファンのみならず必見。
また、インタビューでは、今年のソロツアー中に披露した、ファンから嫉妬の悲鳴があがるほど色っぽいパフォーマンスを作り上げた過程や、大人の色気を身につけるために必要だと思うこと、そしてこの日の撮影の合間に偶然発見したという、自分の“セクシーポイント”についても語っている。

11月27日には、今年6月から8月にかけて17公演で15万人を動員し大成功を収めた、ソロとして初の全国アリーナツアー「TAEMIN ARENA TOUR 2019 ~X?~」の映像作品を発売することを発表。さらに、K-POPのアベンジャーズと称されるグローバルプロジェクト“SuperM”の初ミニアルバム『SuperM』で全世界デビューに続き、北米ツアー「We Are The Future Live」を発表するなど、世界クラスの“色気”を放つテミンから目が離せない。

anan No.2172 (2019年10月16日発売) ©マガジンハウス


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング