香取慎吾 始動、2020年1月1日に初のアルバム発売決定

dwango.jp news / 2019年11月1日 8時0分

香取慎吾が、2020年1月1日(水)にアルバム『20200101』(読:ニワニワワイワイ)を発売する事が決定した。

 東京オリンピック・パラリンピックが開催となる、記念すべき2020年を最速で盛り上げるため、「皆でワイワイ楽しもう!」をテーマに掲げアルバムを制作している。


今作ではフィーチャリングアーティストとして、BiSH、氣志團、KREVA、SALU、スチャダラパー、SONPUB/向井太一、TeddyLoid/たなか、WONK、yahyel (アルファベット順)他の参加も決定しており、香取本人も楽曲制作に関わっている。

 また、デジタルシングル第二弾となる『Trap』も本日より各ダウンロード / サブスクリプションサービスにてデジタル配信がスタートし、購入、視聴が可能となっているのでぜひチェックして頂きたい。

合わせて、11月3日(日)に放送される香取慎吾が新しい地図としてレギュラーを務めるAbemaTV「7.2 新しい別の窓」#20の番組内で、10月1日(月)にサプライズ配信され話題となった『10%』を初披露することも決定している。

 加えて、新しい地図として北海道・千葉・東京・静岡・大阪・福岡の全6地域でのファン・ミーティング「NAKAMA to(と) MEETING_vol.2」の開催も決定しており、11月2日(土)よりNAKAMA 第1次先行受付もスタートさせる。

 

香取慎吾コメント

香取慎吾の初のアルバム(円盤化)が決定しました。

オリンピック・パラリンピックの年2020年そして、その最初の日(1月1日)に皆さんとワイワイ楽しみたいという思いを込めて、タイトルを決めました。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング