たわわなGカップが絶品、ルーキー水咲優美のぶっちゃけぶりが可愛い

dwango.jp news / 2019年11月5日 5時0分

『第2回サンスポGoGoクイーンオーディション』セミファイナリスト23名に選ばれ、7日の決勝進出発表、16日のクイーン決定お披露目会見までドキドキの日々を過ごす水咲優美が1stDVD『First Bloom』(竹書房)を発売。記念イベントが秋葉原・ソフマップで開催された。


164cmの恵まれた身長に、84cmながらGカップという、みごとに実ったバストは形も良くふわふわ。キュートな笑顔とむっちりボディのコントラストが堪らない。「仕事があんまりなくって、え?言っちゃダメなのかな?(笑)マネージャーさんに“顔がグラビアっぽいよね”って言われて、“おぅ!”と思って、頑張ろうかなあと。スタイル磨きも自分で頑張って、言われて半年経って事務所の人に“どうですか?グラビア行けますかー??”って言ったら、これ(DVD)が決まりました」とあっけらかんに話す、意外とぶっちゃけキャラ。

初めてとなるDVDの囲み会見には、白のフリルビキニという、可愛い系の水着で登場。「自分の水着なんですけど、なんと痩せたので、後ろを縛ってるのがポイント!」とブラの紐が余って、結んで丈を詰めているところを見せ、プロポーションが絞まったことを何気にアピールした。

記念すべき1stDVDを手にして「率直な感想、ピュアピュアだな(笑)」と自己評価した水咲。「恥ずかしくってサンプル動画しか観てないんです」とまたぶっちゃけ、報道陣を笑わせ、さらに沖縄ロケの思い出も「私、すぐおなかが出ちゃうので、思うようにごはんが食べられなくっておあずけだったのが“逆思い出”です」と鬱憤が溜まってしまったようで、帰国後すぐがっつり食べたそうだが、食べたのはラーメンだったとか。さぞ“完璧なスタイルが収まっているでしょう?“と念を押されると、「と、思いきや、ちょっとおなか出てるなって思うシーンがあります」と反省しきり。

デビュー作は幼馴染み彼とのデートをいろいろなシチュエーションで描いた作品。海で遊んだり、洗車したり、お風呂に入ったり、朝ベッド、ストレッチ、さらには水咲が得意のダンスシーンも収められていて、多彩だ。中でもお気に入りのシーンは、「みんな好きだけど、敢えて言うとお風呂」と回答。「私、グラドルがもともと好きなオタクなんですけど、いろんなDVD観てて、泡あわのシーンを私もやってみたくて、今回実現して嬉しかったので、これが一番のお気に入りです」と笑顔。そんなグラドルオタクが、自分のDVDから選ぶもっともセクシーなシーンは、レオタード姿のストレッチシーン。「けっこう際どいポーズしていますし、衣装も胸元が思いっきり開いて、セクシーなので」と、敢えて露出多めの水着シーンを選ばないのがさすがだ。そして自己採点は、観たのはサンプル動画のみではあるが、なんと「50点」。「足りない50点は、ニキビができて自分的に最悪でマイナス30点、ちょっとやっぱりおなかが出てたということでマイナス20点ですね。私、辛口なので」と厳しかった。

上品な色気を振りまくが、パーソナルはぶっちゃけ天然キャラというギャップが可愛い。過去に『アメトーーク』の再現VTRや、『ゴッドタン』の『マジキライ1/5』にも出演しており、バラエティーでの活躍も期待される。2019年下半期にグラビアに参戦したことで、2020年から彼女の名前を聞く機会が増えそうだ。




この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング