倉持由香結婚記念、2014年ニュース初登場から思い出プレイバック

dwango.jp news / 2019年11月5日 20時50分

11月5日正午、“尻職人”の倉持由香が、10年の交際を経て”プロゲーム職人”ふ〜ど氏との結婚を発表した。

『ストリートファイターⅣ』 が取り持った縁で“カプ婚”とは巧い。「今後一緒にゲーム関連の活動をしていく機会も増えると思いますので、これからもよろしくお願いします! 」とSNSでコメントを寄せ、和装の2ショットは幸せいっぱいの表情。芸能界デビューは奇しくも“ゲーマーアイドイル”。13年下積みだった倉持は、逆境を弾みにしてグラビア界の救世主、ジャンヌダルクとして業界を引っ張て来た。その成り上がり術はビジネス書に著され、同業で悩む子羊たちや同志たちの道しるべとなった。


ドワンゴジェイピーnewsでは、2014年から彼女のニュースを発信してきた。他の多くの媒体が祝辞記事を掲載する中、弊社はどうやって、倉持由香の門出を祝おうか?「ドワンゴジェイピーnews」での、短くも濃いニュースを思い起こそう。その頃に思いを馳せ、人妻となる“尻職人”を心を込めて祝福しようと、結婚式のヒストリーVTRよろしく、8000字超の「尻職人思い出ニュースアルバム“ピン”から“シリ”まで」を贈る。

倉持のドワンゴジェイピーnews初登場は2014年7月27日掲載の『「尻職人」倉持由香が魅せるピチピチブルマ』(https://news.dwango.jp/gravure/3572-1407 )であった。イメージDVD『桃尻彼女』(ラインコミュニケーションズ)のリリース記事だった。当時から100cmのヒップは話題を集めていた。これから4か月後には、このDVDが“アイドルワン”レーベル年間売上ランキングで第2位になったことを報じている。

取材ニュース第1号は、『闘会議2015』サイバーエージェントブースにゲスト出演したニュース『尻職人倉持由香 サブングル加藤からとんでもない目に』(https://news.dwango.jp/gravure/6981-1501 )。お姫様の格好で登場するも、クイズに不正解となると、ザブングル加藤にスカートをはさみで切り刻まれるという、ちょいエロ企画に登場。「ちょっと!いやだあ!見えちゃってますよもう!」と拒絶しながらも、最終的には自慢の100センチむっちりヒップがあらわになると、観客のカメラにポースを取り、笑顔で応じた。 と記事にはある。あの頃から空気の読める子であった。

同年7月には単独インタビューを決行。『グラドル界のジャンヌダルク 倉持由香が描くグラビアの未来』(https://news.dwango.jp/idol/10306-1507 )。グラドルを始めたきっかけや、最初の仕事、グラビア界への憂い、長年ブレイクしなかった苦悩などを話してくれた。「グループアイドルさん全盛で、ヒマでヒマで」とグラビアアイドイル冬の時代の真っ只中を生きてきた倉持。今の発信力はこのころのどうしようもないジレンマが原動力だった。何がすごいって、今でも言っていることがブレていないこと。頭の回転のキレ具合に脱帽した覚えがある。

『倉持由香 浜ちゃんに自慢の100cmヒップ蹴られる』(https://news.dwango.jp/idol/10341-1507 )。新作DVDのソフマップイベントの囲み取材記事だが、その中でダウンタウン浜田の冠バラエティー『浜ちゃんが!』に出演が決まったとある。この頃から地上波の出演が増えてくる。当時倉持は「「浜ちゃんに蹴られたり、叩かれたりすると売れるっていうジンクスがあるみたいなので、お尻蹴ってもらったので売れたいです!」 とコメントしている。ご利益ありありではないか!?

弊社のECサイト「ドワンゴジェイピーストア」で、8月2日の“パンツの日”にちなみ、パンツ関連商品を大々的にプロモーション展開した。そのイメージガール的な「パンツ大使」にもなってもらった。

『「尻職人」倉持由香 8.2パンツの日大使に就任?』(https://news.dwango.jp/gravure/10719-1508

「○○大使に任命」とかタレントさんっぽい感じするじゃないですか(笑)。 とノリノリで引き受けてくれた。

倉持が立ち上げた「グラドル自画撮り部」のメンバーが一堂に会したニコニコ生放送が大好評だったのが、2015年8月。『グラドルG7ニコ生セクシー水着で真剣討論 倉持由香は感涙』(https://news.dwango.jp/gravure/11257-1509)。

部長・倉持由香、副部長・吉田早希、書記:塚本舞、鈴木咲、青山ひかる、菜乃花、川井優沙が登場、吉田早希の「「10年もやっていたら拗ねちゃう。結果が出ないとモチベーションも上がらないからTwitterに自画撮り載せてみよう」って最初に倉持由香ちゃんが話しかけてくれました。私のグラビア人生に多大な影響を与えたてくれました。」 と語り、倉持の目から思わず涙が零れ落ちたのが忘れられない。「今日公式ニコ生にみんなで出させていただいて、グラドル業界をもっと知って、グラドル畑にいい作物が育つように、みなさんにお力をいただいて、グラビア畑を耕して行きたいと思います」とアツく語ってくれた。その後、倉持メインのニコ生が4回放送され、いずれも高視聴だった。

ついに『ダウンタウンDX』に出演したのが、2015年の11月。『倉持由香「ダウンタウンDX」で尻アピール!「そんな姿勢してたら屁出るで」』(https://news.dwango.jp/gravure/12564-1511)。当時でTwitterのフォロワー数は15万人。「座りながら尻を前に出すと「ちゃんと座れ!」と今度は浜田雅功にツッコまれ、松本には「そんな姿勢してたら屁が出るで」とにやり。そこで勝俣に「おしりが顔なんですよ!」と助け舟が出され、さらに笑いが起こった」と盛り上がったようすが伺える番組レポートが倉持の勢いを物語っている。

最後のニコ生となったのは2015年12月『ニコ生「グラドル忘年会」倉持由香ら脅かす超個性派グラドル登場に驚愕』(https://news.dwango.jp/gravure/13475-1512)。グラドルの鍋大会を映したらどうなるだろうと?弊社スタッフが温めていた企画。わざと高いところに具材や、ポン酢を置いて「あ、取れない!いや!もう!」とセクシーにノリノリでやってくれた倉持が目に焼き付いている。メインメンバーが事務所の推しを紹介する企画で、倉持は水沢柚乃を紹介。当時年齢の関係で生放送時間に出られずVTRでの推薦であったが、今は“10秒グラビア”を編み出し、プロジェクトのオーガナイザーとしても多方面で活躍している。グラドルの鍋大会を映したらどうなるだろうと?弊社スタッフが温めていた企画。わざと高いところに具材や、ポン酢を置いて「あ、取れない!いや!もう!」とセクシーにノリノリでやってくれた倉持が目に焼き付いている。メインメンバーが事務所の推しを紹介する企画で、倉持は水沢柚乃を紹介。当時年齢の関係で生放送時間に出られずVTRでの推薦であったが、今は“10秒グラビア”を編み出し、プロジェクトのオーガナイザーとしても多方面で活躍している。

SNSに公開した写真で多くのニュースを書かせていただいたが、タイトルが好きなのが『倉持由香 高級ランジェリー姿披露も「普段はしまむら」』(2016年)(https://news.dwango.jp/gravure/15546-1604)。なんか倉持らしくてすき。

2016年05月26日には、 『尻職人倉持由香 Twitterフォロワー20万人突破の快挙』(https://news.dwango.jp/gravure/16184-1605

2010年にいち早くTwitterアカウントを取得。初めは500人程度からのスタートだったが、ついにこの日20万人の大台に乗った。「フォロワーついに20万人突破!!!!本当に本当にありがとうございます!!!あえての尻じゃなくてあしぱん職人。これからも皆様の妄想を膨らませられるような写真を載せていけるように頑張るのでよろしくお願い致します!」と20万人超えを祝う画像は、真骨頂の”尻”ではなくパンツをひざ上まで下ろした”あしぱん”という、新しい妄想エロスでアピールした。現在は倍以上の42万人となっている。

倉持と言えば“合法セクハラ”?だ。共演したグラドルたちの乳も尻も揉み放題!2016年夏は、『週刊プレイボーイ』の周年企画で集まった50人のグラドルをお触り。としまえんプールの『ビジュアルクイーン撮影会』でも大胆犯行。『鈴木ふみ奈グラドル50人壮観写真公開 倉持由香はおっぱいに囲まれ昇天』(https://news.dwango.jp/gravure/16623-1606 )『鈴木ふみ奈 倉持由香に自慢のHカップ鷲掴みされる』(https://news.dwango.jp/gravure/16471-1606)『倉持由香が合法セクハラ? グラドルたちとはしゃぎまくり』(https://news.dwango.jp/gravure/16804-1607)会場は絶叫に包まれたとか。倉持だからさらッとエロくできる業なのだなと思う。逆に『鈴木ふみ奈Hカップ「真実の乳」に倉持由香みごと挟まれる』(https://news.dwango.jp/gravure/18075-1609)なんていうこともあった。

2017年6月には、新宿・歌舞伎町で『週プレ酒場』が限定オープン。その特命イベント プロデューサーにも任命された。『「週プレ酒場」イベントP 倉持由香「私たちの事を”つまみ”に飲んで」』(https://news.dwango.jp/gravure/22376-1706

グループアイドルさんと違って、グラドルは気軽に会いに行ける場所がないので、そんなファンの方とグラドルを繋ぐ場所にこの「週プレ酒場」がなれば良いなと思います。 と意気込みを語っていた。当時、競馬の予想が好調で、万馬券を立て続けにゲットし“尻予想”は当たるなどと人気だった。

また、とあるファンから「サインくれなかったのショックだった」と言った主旨の内容で、今日かぎり応援を辞めるというコメントが書き込まれた件について、「普段サイン会やツーショット写メ会でお金を頂いているので、プライベートで無料で対応することは普段イベントに来てくださってお金を払ってくださってるファンの方々に申し訳ないと思ってしまうのです。いつも握手はさせて頂いてます!サインと写メは普段のイベントに来てくださってる方に申し訳ないのでお断りさせて頂いてます。申し訳ありません…」と丁寧にサインを断った理由を語り、過去のサバイバル参加でファンにお金を使わせてグランプリになれず号泣したというつらい経験も話してくれた。このニュースは大きな反響をもって支持された。

『倉持由香 真摯な姿勢にファン称賛「神対応」できない理由を説明』(https://news.dwango.jp/idol/22718-1706)。


2017年8月の『週刊プレイボーイ』掲載記事は、なんと『倉持由香 初めてのウエディングドレスにすっかり結婚モード?』(https://news.dwango.jp/gravure/23687-1708)。「担当の編集さんが「倉持には幸せになって欲しい……」といつも言ってくれてるので、その流れで「幸せになるグラビアを撮ろう!」という企画になりました。生まれて初めてのウエディングドレス。とりあえず両親にウエディングドレス姿の写真を見せることが出来るので一安心しました!w」 と語っていた。2年後これが現実のものとなる。

同年10月には『倉持由香 悲願の「週プレ」表紙実現か?グラドル仲間からも怒涛のエール』(https://news.dwango.jp/gravure/24809-1710)。

彼女のSNSで合計100万いいねを獲得したら、「週プレ」の表紙を飾れるという『週プレ』のむちゃぶり企画に挑戦。「私は「表紙」に憧れてグラビア活動をしてきました。『コンビニで目が合う存在』になりたいと思ってデビューしてはや13年。。。。この13年で、女優やタレントに転身した子、結婚した子、辞めてった子、、様々な子を見てきました。私自身も事務所移籍や日テレジェニック脱落、自画撮り部の設立などいろんな出来事がありました。13年って結構な年月ですね。漫喫暮らししてた時代から、ようやくメディア出演も増えて不自由なく一人暮らしもできて、諦めずに走ってきて良かったなぁと思いますし、それは全て支えてくださる大好きなもっちーむの皆様、関係者の皆様のおかげです。本当にありがとうございます!!そんな皆様に、またお願いをしてしまうのが心苦しいのですが。。。どうか、私の夢を『いいね』で後押しして下さい!!」と訴えたのが印象的で、心が動かずにはいられなかった。みんなの後押しは最良の結果を生むことになる。

期限より2日早く「100万いいね!」を達成。『倉持由香夢叶う 週プレ表紙決定で号泣「恩返ししなくては」』(https://news.dwango.jp/gravure/24927-1711)。決まった日が11月4日“いいおしりの日”だったのも感慨深い。達成の瞬間は涙がこぼれ、手を合わせ感謝の気持ちを表した。

そして11月27日、『倉持由香「週プレ」表紙実現、さすが”尻職人”感謝の美尻大解放』(https://news.dwango.jp/gravure/25287-1711)。『週プレ』が発売された。「最終的には約278万いいねも頂きました!本当に泣きました。ありがとうございます!これでもうグラビアは卒業・・・ってことはありません!“おかわり”がもらえるように今後も頑張ります!」 と感謝を込めた。

2018年はテレビの出演が大いに増えた。『倉持由香、自慢の美尻は「じょんばけっつ」』(https://news.dwango.jp/gravure/28409-1805)は、タカアンドトシがMCの人気深夜番組『採用!フリップNEWS」』。『倉持由香、超弩級な下積みエピソード告白「今はどんな仕事でもありがたい」』(https://news.dwango.jp/gravure/28421-1805)は、松岡昌宏と博多大吉が、おいしいお酒とつまみを愉しみながらトークする「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」(2回出演・テレビ東京)(https://news.dwango.jp/gravure/34719-1902 ) と、ドワンゴジェイピーnewsは、深夜番組に至るまで“もっちー”ウォッチャーだ。

この年、ついにタワーマンションに引っ越した倉持は『週プレ』に自宅を公開して、“タワマングラビア”を掲載した。『倉持由香、自宅高級タワマンで大胆グラビア撮影 ”もっちりヒップ大解放”』(https://news.dwango.jp/gravure/30054-1807)。当時のロングインタビューでは、彼女がいかにして”夢のタワマン生活”を手に入れたのか、給料をほとんどつぎ込んでまでタワマンに住む理由、デビュー当時の貧乏生活などが語られていた。高級マンションだが「家賃は自分で払ってます」 と断言も。

晴れてスターになった倉持だが、根底にあるサービス精神はなにも変わっていない。今年の正月早々『倉持由香 ”鏡尻餅”で「\謹賀新年/」、欽ちゃんも「満点だよー」(笑)』(https://news.dwango.jp/gravure/33974-1901)では、白ビキニでおしりを向け3人が重なり、いちばん上に鎮座した倉持の100cmヒップに橙を置いて、みごとな”鏡尻餅”を完成させた。ファンからは「くっそワロタ 」「触りたい… 」「うわ!なにこれ 」 と大絶賛された。

また今年は、倉持が立ち上げた「グラドル自画撮り部」が5周年をむかえた。『”エチエチ画像ありがとう”「グラドル自画撮り部」5周年、部長倉持由香が感謝のコメント』(https://news.dwango.jp/gravure/34331-1901)。今まで本当にたくさんのグラドルさんがこのハッシュタグでエチエチな自画撮りを載せてくれました。全てのグラドルさん、ファンの方々、取り上げてくださったメディアさんに感謝です!今後とも業界を盛り上げられるよう頑張りますのでどうぞよろしくお願いします。 」とコメント。 有用なコンテンツを誰でも使えるように開放したグラドルたちへの業績はまことに大きい。

自身初の著書『グラビアアイドルの仕事論 打算と反骨のSNSプロデュース術』(https://news.dwango.jp/gravure/37049-1904 )も好調な8月のグラビア。タワーマンションを購入し、自分を叱咤激励しながらエロスを突き詰める姿は、今や孤高のグラビアアイドルだ。最近のグラビアではこの倉持がNo.1だ。色んなものを昇華し、幸福の絶頂へと上り詰めた倉持由香。人妻となってもその影響力は衰えない。すべてのグラビアを目指す女性へエールを贈る女神。あなたはグラビア界の至宝だ。とびきりの賛辞とご結婚を心からお祝いする。

Ⓒ週刊プレイボーイ

ⒸLine Communications.,Inc. 


 




この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング