「バック・トゥ・ザ・フューチャー」inコンサート開催決定、“デロリアン”の展示も

dwango.jp news / 2019年12月5日 12時31分

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の公開35周年を記念し「バック・トゥ・ザ・フューチャー」inコンサートが、2020年4月29日(水・祝)に東京国際フォーラム・ホールA、5月1日(金)に大阪国際会議場(グランキューブ大阪)にて、開催することが決定した。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」inコンサートは、1985年製作の「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の1作目をノーカットで舞台上の大スクリーンで上映。そして全編のサウンドトラック部分を映画に合わせてオーケストラが生演奏するシネマ・オーケストラ・コンサート(シネオケ(R)*注釈)となっている。


2015年5月の世界初演後、米・ハリウッドボール、ロンドン・アルバートホールをはじめ世界中で上演され、日本では2015年に東京と大阪、2019年4月に東京で、総勢21,000人を動員した大ヒット公演。このコンサートのために、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の音楽を担当したアラン・シルヴェストリが元々のオーケストラスコアに加えて、新たに約15分のスコアを作曲した。映画の始まりからワクワクする音楽的演出が施されており、80名のフルオーケストラが迫力の生演奏で、観客をタイムトラベルへ誘う。
映画公開35周年をお祝いして、コンサート当日、会場に映画に登場した『デロリアン』のレプリカ展示も決定。
ぜひ、1950年代(70年前!)or1980年代(40年前!)のファッションでコンサートに参加して、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の世界を思う存分楽しんではいかがだろうか。
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の日本公開日は、1985年12月7日。34年後の2019年12月7日(土)正午に、チケット先着先行販売が開始する。

注釈*シネオケ(R)
“大スクリーンでの映画上映Xオーケストラ生演奏による音楽”でお届けする新たなスタイルのコンサートがシネオケ。
映画のセリフや効果音はそのままに、劇中に流れる音楽をオーケストラが演奏。映像・音楽の迫力は、臨場感を増幅させ、記憶に残る名シーン・登場人物の心理模様までもがより鮮やかに響いてくる。
ヨーロッパやアメリカで人気を博し、日本でも「ウエスト・サイド物語」「E.T.」「インディ・ジョーンズ」「ホーム・アローン」「アリス・イン・ワンダーランド」「美女と野獣」「ジュラシック・パーク」「007カジノロワイヤル」等の珠玉の名作が上演され、公演を重ねる度に熱烈なファンを築いている。

(C)UniversalCityStudiosLLCandAmblinEntertainment,Inc.AllRightsReserved.


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング