『アナ雪2』ウィーザーがクリストフ歌唱シーンを徹底再現、“アナ”も登場するMVが公開

dwango.jp news / 2019年12月11日 10時0分

大ヒット中の映画『アナと雪の女王2』からウィーザーが歌うエンドソング「恋の迷い子」(Lost in the Woods)のMVが公開された。ウィーザーによる「恋の迷い子」(Lost in the Woods)は、劇中でクリストフが歌唱する楽曲のエンドソング・バージョン。今回公開されたMVでは、クリストフによる歌唱をほぼ劇中のカット割りそのままに“徹底再現”しており、映画を観た人は思わずニヤリとしてしまうこと間違いなし。さらに、スペシャル・ゲストとして、オリジナル版でアナ役の吹替を務めた女優クリステン・ベルも登場している。MVにはウィーザーのメンバー全員も出演しており、彼らの公式Twitterでは、「森の中でジャム・セッションしたよ」というコメントも投稿されていて、12月9日(火)時点でこのMVの再生回数130万回を超えている。

劇中でクリストフが歌唱する「恋の迷い子」は、クリストフがシリーズ通して初めて、本格的にソロ歌唱した楽曲。アナへの切ない想いを胸に、どこか懐かしい雰囲気漂うこの歌に、SNS上では「映像が浮かんでニヤニヤしてしまいます」「クリストフはすごく切なくて悲しいんでしょうが…思いっきりMV風で面白かったです」と話題沸騰中。作詞・作曲を務めたロバート&クリステン・アンダーソン=ロペス夫妻は、ブライアン・アダムスの楽曲にインスピレーションを受けて本楽曲を手掛けたという。

11月22日の公開以来、ディズニー・アニメーション史上最短の17日間で、興行収入60億円を突破する記録的大ヒット中の『アナと雪の女王2』。サウンドトラックは、昨日発表された全米ビルボード・アルバム・チャートで首位となり、今年1位を飾った唯一のフルサウンドトラック・アルバムとなった。また、日本語吹替版でエルサ役を務める松たか子が歌うメイン楽曲の「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」は、iTunesソング・チャート総合 1位、Apple Music サントラ・ソングチャート1位を獲得、さらにパニック!アット・ザ・ディスコによる同曲のエンドソング・バージョンは、2週連続で『週間USEN HIT 洋楽ランキング』と『週間USEN HIT J-POP/洋楽ランキング』両チャート1位を制するなど、楽曲面でも“アナ雪2旋風”を巻き起こしている。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング