大注目“乳カマー”未梨一花、圧巻のHカップ美巨乳がぷりんぷりん

dwango.jp news / 2020年4月2日 6時0分

サラサラ黒髪に大きな瞳、鼻筋がスッと通ったクレオパトラ系美人の未梨一花。


昨年グラビアアイドルとしてデビューし、163cmの高身長に形も柔らかさも群を抜いた92cmのHカップバストを露わにして瞬く間にグラドルファンのハートを鷲掴みにした。


第2回『サンスポGoGoクイーン』では、エントリー時と、発表時のわずかな期間での“垢抜け”度を評価され「ピュアグラマー賞」を受賞するなど、グラドルファンのみならず業界関係者からも注目されており、同業の伊織いおが「売れる」と断言するなど、2020年大注目の“乳カマー”と呼べる存在だ。その彼女が待望の2ndDVD『純真プリン』(イーネット・フロンティア)をリリース。圧巻のHカップバストと抜群のプロポーションをたっぷりと披露している。


未梨の魅力は上からB92・W63・H92(cm)のスリーサイズにHカップバストというトップグラドル顔負けの凹凸ボディ。特にバストは秀逸で、前作の1stDVD『ミルキー・グラマー』では圧倒的な存在感を放ってグラドルファンを興奮させた。


前作に続く今回は、さらにバストが大きくなった印象で、胸元全開の競泳水着、表紙にもなっているマイクロビキニ、お風呂のシーンで着用したヌーディーな眼帯ビキニといった露出度の高い水着を着用。深い胸の谷間はもちろん、横乳や下乳などあらゆる角度から未梨のバストを楽しめる構成だ。キャラクター設定は、男性の誰もが理想とするセクシーな女教師役。随所で余裕たっぷりに男子生徒を誘惑している。女教師をイメージさせるスーツ姿で登場した冒頭から未梨の魅力が炸裂。スーツ姿ながらも胸の谷間を全開にしながら「触りたいんでしょ?」と囁かれたら、思わず手を伸ばしたくなるだろう。同シーンでは結局スーツを脱がされて下着風水着に。自らバストを揉むなどセクシーなシーンが見られる。


冒頭からセクシーさが全開で、露出度が高い眼帯水着のシーンを含めてすべてのシーンが見どころと言えるが、最大のクライマックスは黒のセクシー衣装を着用したベッドのシーンだ。私服姿でもセクシーなのに、脱いだらサスペンダー的な黒水着姿となってさらに目隠しをされるなど、過激さもエスカレート。メイクも濃い目で大人の女性を意識するなど、21歳とは思えない大人フェロモンを感じずにはいられない。ちなみに今作は、発売していきなりAmazon、DMMのアイドルDVDランキングで1位を獲得。注目度の高さはピカイチだ。


未梨のDVD発売記念イベントは4月5日(日)、ソフマップAKIBA①号店で開催の予定だったが、新型コロナウイルスの状況を鑑みイベントの中止を発表。振替の期日についてはあらためて発表される。



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング