岩田剛典×新田真剣佑初共演、表と裏の社会でのし上がるバディを熱演

dwango.jp news / 2020年6月16日 5時0分

数々の著名作家を輩出し、新人の登竜門的文学賞でもある「第25回小説すばる新人賞」を受賞し鮮烈なデビューを飾ることになった、行成薫による「名も無き世界のエンドロール」(集英社文庫)。予想外の結末が話題を呼んだ、人気小説が発売から8年の時を超え、遂に映画化!2021年に公開されることが決定した。

お互いに親がいないキダとマコトは、少年期に出会い、支え合いながら平和に生きてきた。しかし、“ある事件”をきっかけに、二人の人生は大きく変わってしまう。自分たちの運命を変えた不条理な世の中に復讐するため、キダは裏の社会、そしてマコトは表の社会で、10年もの時をかけ、社会の底辺から必死でのし上がっていく。果たして、異なる世界に身を置く、ちっぽけな二人が命懸けで仕掛ける一世一代の企みとは?そして、誰もが胸を打たれる、衝撃のエンドロールとは!?


主演を務めるのは、EXILE、三代目 J SOUL BROTHERSのパフォーマー活動を中心に、数々の映画やテレビドラマへ出演するなど多方面で魅力を放ち続ける岩田剛典。その優しいマスクで女性のハートを掴み続ける岩田が、大事な友のために裏社会に飛び込み、殺人をも厭わない“闇の交渉屋”としてのし上がっていく男・キダを演じ切る。今まで見たことのないほどの“ハードボイルド”な男を見事に体現し、俳優としての新境地を切り開く。


そして、岩田演じるキダの唯一の家族ともいえる幼馴染みのマコトを演じるのは、その確かな演技力で、近年、様々な映画・ドラマに出演を続けている、新田真剣佑。“ある事件”をきっかけに人生を狂わされるも、キダの力を借りながら会社経営者となり、表舞台でのし上がっていくストイックな男を演じる。



今回、初共演となる岩田と新田だが、劇中では単なる親友以上の厚い信頼と固い絆を見せ、まさに“2021年最高のバディ”と言えるほど息の合った名演を贈る。監督は、ドラマ『メゾン・ド・ポリス』(19)、『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(18)や、映画『累 –かさね』(18)、『ういらぶ。』(18)、『脳内ポイズンベリー』(13)、『ストロベリーナイト』(13)を手がけた佐藤祐市。表と裏、全く異なる世界に生きることになった二人の男の壮大な物語を完膚なきまでに描き、人々の心を鷲掴みにする。


 <あらすじ>

親がいないという共通点を持つキダとマコトは幼なじみ。そこに同じ境遇の転校生・ヨッチもまじわり、三人は支え合いながら、幸せな毎日を過ごし、共に成長していった。しかし、20歳の時に起こった“ある事件”をきっかけに、彼らの人生が大きく狂いはじめる―。数年後、キダは裏の社会に潜り込み、“交渉屋”として暗躍していた。一方、マコトは表の社会で“貿易会社社長”としてのし上がっていく。二人は、大切な幼なじみへの想いを胸に、自らの運命を変えた不条理な世の中に復讐するため、10年の歳月を費やし “ある計画”を企てていたのだった―



『名も無き世界のエンドロール』

2021年全国ロードショー

原作/行成薫「名も無き世界のエンドロール」(集英社文庫)    

監督/佐藤祐市(『ういらぶ。』、『累 –かさね-』 など)

出演/岩田剛典、新田真剣佑

制作プロダクション/RIKIプロジェクト、共同テレビジョン

配給/エイベックス・ピクチャーズ

©️行成薫/集英社 ©️映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会




この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング