松本潤主演、究極の純愛映画『僕は妹に恋をする』配信開始

dwango.jp news / 2020年6月26日 15時0分

嵐の松本潤が単独初主演を務め、榮倉奈々と初共演を果たした映画『僕は妹に恋をする』が、6月26日(金)より順次、デジタル配信を開始する。

原作は2005年まで少女コミックに連載され、現在もなおその衝撃的な内容が話題を呼び、“僕妹(ぼくいも)”の愛称で呼ばれるとともに大ヒット作品となっている、青木琴美の同名コミック。容姿端麗で成績優秀なカリスマキャラクター、兄の頼(より)役を演じるのは、『花より男子ファイル』や『ナラタージュ』など、唯一無二の存在感と色気を放つ嵐の松本潤。妹への許されない想いに揺れる難しい役どころを繊細に演じ切る。妹の郁(いく)役には榮倉奈々。日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅠ』での共演も記憶に新しい二人が、本作で初共演を果たしている。




さらに、平岡祐太、小松彩夏、浅野ゆう子ら演技派俳優陣がわきを固め、海外でも高い評価を得ている安藤尋監督が、登場人物の感情を切なくも美しく描き出す。本作のために書き下ろされた、クリスタル・ケイが歌う『きっと永遠に』が、映画の世界観そのままに美しい余韻を残す、あまりにも純粋な恋を繊細に描いた、永遠に心に刻まれる究極の純愛物語。

そして、本作のデジタル配信開始を記念して、映画を提供する配給ブランド:ショウゲートの公式Twitterにて、限定バーチャル背景を公開。公開されたバーチャル背景は、“幼い頃の頼と郁が、結婚の約束を交わしたシロツメクサの草原”をイメージしたデザイン。二人の純粋な想いを象徴するような画像を背景におけば、映画の世界へ入りこんだ気分が味わえ、まだまだおうち時間が楽しめる。バーチャル背景は、オンライン会議システム「ZOOM(ズーム)」などで、自分の背景を別の画像に置き換える機能。背景画像の変更方法は各オンライン会議ツールによって異なるため、それぞれの設定手順に従ってほしい。

映画『僕は妹に恋をする』は6月26日(金)より順次、デジタル配信開始。


<STORY>

初めて本当に人を好きになった。彼女の優しい笑顔は何気ない毎日を美しい景色に変えてくれた。けれど、その美しさが心を締めつけてゆく。完全に叶うことのない想い。僕は妹に恋をするー。 双子の兄妹の頼(より)と郁(いく)。「郁は僕のお嫁さんだよー」幼い頃にシロツメクサの草原で交わした約束は、郁にとって大切な思い出となっている。高校3年生に成長した郁は、最近なぜか頼の自分に対する態度がすっかり冷たくなったと感じて悩む。だがある晩、頼は郁に“ずっと好きだった”と打ち明ける。頼の想いを戸惑いながらも受け入れる郁。こうして2人は兄妹の関係を超えて互いに想いを募らせるが、頼と郁に想いを寄せる同級生、矢野と友華がそのことを知り……。


■映画『僕は妹に恋をする』

6月26日(金)より順次配信開始
(見放題)Hulu Netflix
(都度課金)Amazonプライム・ビデオ、iTunes、Google Play 他
監督:安藤尋
原作:青木琴美(小学館/少女コミック刊)
脚本:祢寝彩木、安藤尋
出演:松本潤 榮倉奈々 平岡祐太 小松彩夏 / 浅野ゆう子


(C)青木琴美・小学館/2006「僕妹」フィルムパートナーズ


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング