松本穂香、“ピース又吉”を意識した役作り!?監督から受けたまさかの演出とは…

dwango.jp news / 2020年7月30日 19時0分

映画『君が世界のはじまり』が7月31日(金)より、全国ロードショーとなる。この度、松本穂香、金子大地、ふくだももこ監督の3人が明かす見どころインタビュー映像が到着した。

2016年に短編小説『えん』で第40回すばる文学賞佳作を受賞。映画や舞台、ドラマの演出も手掛け、もはやジャンルのボーダーラインを軽々と飛び越え、新時代の先頭に立つカルチャーアイコンの一人となりつつある、ふくだももこ。彼女の原点である2本の短編小説『えん』と『ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら』を再構築し、一本の映画にするというプロジェクトが実現した。

ふくだ監督にとっての「特別な物語」を託した脚本家は、『リンダリンダリンダ』、『もらとりあむタマ子』、『愚行録』など、その時代に傑出する話題作を手掛けてきた鬼才・向井康介。「40歳を越えて、もう青春映画を書くことはないと決めていた」と語る円熟の脚本家が、ふくだ監督の言葉のひとつひとつに突き動かされ、青い春のその瞬間にしか存在しないヒリヒリするようなエネルギーを新たなストーリーに結実させた。主演は『おいしい家族』(19)以来、ふくだ監督と二度目のタッグとなる松本穂香。魂を焦がす青春映画の新たな傑作がここに誕生した

この度、松本穂香、金子大地、ふくだももこ監督の3人が明かす見どころインタビュー映像が到着した。

楽しげに本作の見どころを語り合う3人の姿が映し出される本映像。見どころについて、「6人それぞれ描かれていることが(他の多くの映画と)違う」と語る松本の言葉に、金子も「みんなが主役に見えるような、そういう新しさがある」と同意見を示しており、これまでにない青春群像劇に仕上がっている点が魅力であると作品をアピール。

また、自身が演じた役柄の役作りについて、松本はまさかの裏話を告白。なんと、「又吉さんみたいな喋り方で」とふくだ監督から演出を受けていたのだとか。「言った!言った!」とふくだ監督も楽しそうに当時を思い出しており、前作に続いてのタッグとなった二人の信頼関係の強さが伺える。金子は、台本を読んだ時から自身が演じたキャラクター・伊尾とシンパシーと感じていたようで「共感できる部分があった」と明かしている。その他、自身の高校時代のエピソードなども盛り込まれている。

自分の青春時代を映画にも投影していたというふくだ監督。役者がそんな自分の青春の思い出をどう演じてくれるのか、楽しむことを意識して作り上げたという本作。ふくだ監督にとっても特別な作品となる、魂を焦がす青春映画の新たな傑作となっている。

■『君が世界のはじまり』
2020年7月31日(金)テアトル新宿ほか全国ロードショー
【出演】
松本穂香
中田青渚 片山友希 金子大地 甲斐翔真 小室ぺい
板橋駿谷 山中崇 正木佐和 森下能幸 
江口のりこ 古舘寛治

原作・監督:ふくだももこ『えん』『ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら』
脚本:向井康介
配給:バンダイナムコアーツ
(C)2020『君が世界のはじまり』製作委員会

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング