“みちのく美人” 佐野水柚、29歳オトナの色香でがっつり彼氏を誘惑

dwango.jp news / 2020年9月1日 6時0分

清楚で色白、くびれが艶めかしく、美麗なビーナスラインでありながらGカップのふんわりバストで人気の“みちのく美人”佐野水柚。このほど5枚目となるDVD『処女宮』(エスデジタル)の発売記念イベントを秋葉原・ソフマップで開催した。


黒地と白のモノトーンのオトナっぽいビキニで登壇した佐野。相変わらずのボディバランスが目を惹く。長い手脚、曲線美、そして美バストと、まさにビキニの女神だが、青森出身の彼女には何年経っても東京の暑さにはなれないそうで「もう死にそうです」と訴え、「私夏が一番苦手なんです」とビキニの神らしからぬ?発言も。「最初真っ白にもしてみようかとも思ったのですが、シロクロな感じで夏っぽくしてみました。自分のです」と笑顔をみせた。


グアムでロケを敢行、初の海外撮影となった今作は「同い年の彼氏といちゃいちゃするDVDなんですけど、高校時代の回想も入っていたりします」と紹介。その回想のシーンでは「ブレザーの制服を着て、放課後デートしてます。そのあとビーチで制服のまま水を掛け合ってじゃれ合ったり、あと下乳が見えるチューブトップと短パンでサッカーやフラフープしているシーンもあります。今回もハイレグを着させていただいて、プールではしゃいで“わちゃわちゃ”しているシーンもあります。最後にはしっとりとウェディング衣装も着ています。結婚するわけじゃないけど、“結婚しようか?”みたいな場面も見どころです」とにっこり。制服シーンについては、「いや、観てる方がどうなのかなって思うんですけど、実際に観たファンの方は“ぜんぜんまだイケるよー”って言う声があったからまだイケるかな?」と照れ笑い。制服含めそのすべてがおススメシーンなのだそうだ。


セクシーなシーンを聞かれると「夜ベッドでの、全身黒で統一したガーターや、ニップレス、手袋もした衣装で彼氏を誘惑しています。あと表紙も大胆です。この写真がジャケットになるって聞いた時、今まであんまりないなと思って、インパクトがあっていいいですよね」とアピールした。


佐野は8月28日で29歳、すっかり“大人の女性”だが、結婚は焦っていないようで「このお仕事始めてからそんない気にしなくなりました。今後は、若さという面では、10代の方とかと比べるとやっぱり“おねえさん”ってあ感じなので、年上のちょっと経験積んできた人じゃないと出せないような雰囲気とか仕草とか表情とかを表現できたらいいなと思います」と語った。清楚清純なイメージだが、ファンからはポンコツキャラと言われているようだ。これからはしっかり大人な“さのみゆ”に期待してもいいのではないだろうか?




この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング