55cmくびれにサイズアップのG美乳、桜木美涼のセクシーレベルが止まらない

dwango.jp news / 2020年10月19日 6時30分

撮影会で神的人気を誇り、その細身で華奢なカラダながら大きく育ったGカップバストで “行列のできるタピオカ乳”と言わしめた桜木美涼の3rdDVD『暑中涼風』(エスデジタル)が9月25日に発売され、18日には秋葉原・ソフマップで記念イベントが開催された。



昨年末のファーストDVD取材時は、どこか少女っぽさが残るあどけなく幼い印象をを受けたが、約1年が経つと、メイクのせいかもしれないが、しっかりと成長したオトナのオンナへと成長していた。当時はFカップとしていた奇跡の美乳もサイズアップしてGカップへ。華奢な身体つきはそのままにバストはよりたわわ感が増し、ポーズを要求すると、くいっと器用に腰を妖しく捻って、そこからエロさが匂い立つ。選んだ水着も赤を基調にしたデザインビキニで、ところどころ透けている。「これホントに透けてるんですよー」、相変わらず控えめな声量で恥ずかしそうに話してくれるその愛らしさと、えっちなビキニ姿のギャップに目が眩む。


今作は7月に都内と千葉で撮影、「学校では眼鏡を掛けていて優等生な女の子が、放課後になると凄いはっちゃけて元気にえっちになる感じです」と説明した桜木、今回ぜひ観て欲しいのがY字バランスのシーンだと言う。「今までそんな柔らかくないと思っていたんですけど、衣装合わせの時にやってみたら意外とできて、“取り入れましょう”みたいに決まりました(笑)」とにっこり。「私、喋るの苦手で、演技もちょっと…」と撮影の大変さを訴えながら、もじもじが発動し、作品については「全部恥ずかしかったです。ホントにDVDが慣れなくて…」と告白。その中でも敢えてセクシーなシーンを聞いてみると、「今までおしりをあまり出していなかったんですけど、前の作品よりは出してるかなあ」と控えめアピール。また、お気に入りはパッケージ写真の、その名も“ゼッケン水着”だそうで、「運動のシーンで着たんですが、初めて見る形で、やっぱり恥ずかしかったです…」と顔を赤らめていた。


今はグラビアが楽しいという桜木、「まだこれからやりたいことが決まってなくて、今はグラビアが楽しいんです。あまり感情が表に出なくて分からないって言われるんですけど、すごい楽しいです」とほほ笑んだ。


まんまるふわふわGカップに55cmというくびれボディ、張りの良い82cmの桃尻も見逃せない、チャームポイントだらけの桜木は、ソフマップ公式番組『マップちゅーん』 が制作した、Bauhutte ゲーミングソファチェア のCMに出演中なので、こちらも必見だ。




この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング