1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

丘山晴己&小野塚勇人&山口乃々華 「ハッピーなチームになれそう」ミュージカル『INTERVIEW』初共演の印象を直撃!

dwango.jp news / 2021年3月24日 8時0分

2016年の初演以来、各地で完売が続出した話題の韓国発ミュージカル『INTERVIEW~お願い、誰か僕を助けて~』が初の日本人キャストにより上演決定。しかもメインキャストはダブルキャスト。Taem REDでは松本利夫(EXILE)、糸川耀士郎、伊波杏樹が共演し、Team BLUEでは丘山晴己小野塚勇人劇団EXILE)、山口乃々華が名を連ねる。そこで今回はTeam BLUEの3人に直撃。今回、初共演となる3人に舞台への思いやお互いの印象などを聞いてきた。





――まずはみなさんの役どころから教えていただけますでしょうか?


丘山「ベストセラー推理小説の作家、ユジン・キムという人物を演じるんですが、今回の物語って何を言ってもネタバレになっちゃうんですよね」

小野塚「そうなんです」

丘山「それでも事件の謎を解き明かしていく人物とは言えそうです」

小野塚「僕が演じるのは作家志望の青年。ユジン・キムさんのアシスタントという入口で物語はスタートするんです。愛に飢えた男って言えばいいのかな?」

山口「私が演じるジョアン・シニアは謎の事故で死んだ18歳の少女。孤独ながらも必死に生きてきた女の子です」


――今回、全員が初共演となりますが、丘山さんは小野塚さんと山口さんにどんな印象を抱きましたか?


丘山「最初にお会いしたときからお2人は本当に優しくて。それに明るい方たちなので楽しいチームを作れそうだなって。Team BLUEはハッピーなチームになれそうです!」

小野塚「僕も丘山さんはすごく気さくな方だなって感じました。劇中では2人の掛け合いも多いですし、すごく楽しい作品になるんじゃないかと思っています。乃々華さんとは同じLDHに所属していますが、初めての共演。一緒に切磋琢磨して、いい舞台を作っていきたいなと思います」




――丘山さんは気さくな方なんですね?


丘山「はい。自分で言うのもなんですが、とっても気さくな人間です(笑)」

山口「あはははは」

丘山「難しい作品になればなるほど、現場は明るい感じで作っていきたいなって」

山口「丘山さんは初めてお会いしたときから、いつもニコニコされていて」

丘山「気持ち悪くなかったですか?」

山口「そんなことないです! 私はとても緊張していたので、すごく安心しました。小野塚さんは私がEXPG STUDIOの生徒だったときから面倒を見てくれた先輩で。だからとても世話焼きのお兄さんってイメージが強いです」

丘山「カッコイイ!」

小野塚「乃々華さんのことは小学校のころから知っていたので」

丘山「へぇ~」

山口「たまに事務所でお会いすることはあるんですが、10年前のお兄さんと今、こうやって一緒にお仕事をすることができてうれしいです!」


――そして丘山さんといえば、ニューヨークのブロードウェイで活動していたパフォーマー!


山口「舞台ではついていきます!」

小野塚「僕も足を引っ張らないようにしないと」

丘山「でも、僕が一番足を引っ張っちゃうと思うんで」

小野塚・山口「いやいやいや」

丘山「僕、帰国子女なんで日本語があまり読めないんです」

小野塚「えっ!?」

山口「そうなんですか?」

丘山「そう。だからマネージャーさんに台本の漢字は全部、ルビを振ってもらってるんです。それが一番、心配しているところなんですが、頑張ります」

小野塚「そんなに日本語がお上手なのに。しゃべれるけど、読めないってことですか?」

丘山「そう。しゃべるのはめちゃくちゃ頑張りましたから」

山口「へぇ~」

丘山「4年前、帰ってきたばかりのころはヤバいなんてもんじゃなかったから(笑)」

小野塚「それまではずっと英語だったんですか?」

丘山「そうです」




――そんな帰国子女の丘山さんにお2人から聞きたいことはありますか?


丘山「答えやすい質問にしてね(笑)」

小野塚「じゃぁ、ミュージカルの魅力を教えてほしいです」

丘山「僕ごときが語れることじゃないけど、やっぱり感情を歌で表現するところが一番の魅力かな。感情が歌になっちゃったっていう感覚。感情的になると歌っちゃうことってあるじゃない?」

小野塚「はい。お風呂で歌うような感じですか?」

丘山「そうですそうです!そういうところがミュージカルの楽しさであると思います」

山口「私は初日緊張しそうなんですけど、丘山さんはどのように初日を迎えていますか?」

丘山「僕も初日のことを考えるだけでヤバいです(笑)。みんな初日を迎えるころはガリガリになっていくと思うんですけど、3人で支え合って頑張りましょう!」

山口「はい!」




――小野塚さんにお聞きしたいことはありますか?


丘山「自分の中に違う自分を感じることってありますか?」

小野塚「人の話を聞いているとき、違うことを考えている自分を感じるときはありますね。でも、これって誰でもそういうときがあったりするんじゃないかなって」

丘山「確かに」

山口「私は……」

小野塚「質問が思いつかなければ、大丈夫ですよ」

山口「なしで(笑)」

小野塚「ないんだ(笑)」



――では、山口さんにお聞きしたいこと!

小野塚「僕からの質問。趣味はなんですか? 休みの日とかは何をしているのかなって」

山口「私、猫を飼っていて。休みの日は猫のおやつや、猫砂、猫グッズを買いにいくか、猫と遊んだりしています」

小野塚「猫が趣味なんですね」

山口「はい、趣味、猫です(笑)」

丘山「最近、飼い始めたんですか?」

山口「はい。1年ぐらい前から飼い始めて。名前は『とら』です」

小野塚「猫なのに虎なんだ(笑)」

山口「そうなんです(笑)」




――稽古が進んで舞台が始まり、千秋楽を迎えるころ、みなさんは何て呼び合っていると思いますか?


丘山「僕のことは、はるちゃんって呼んでほしいですね」

山口「うふふ」

丘山「はるちゃんって呼んでくれたらうれしいです。みんなは何て呼んでほしいですか?」

小野塚「じゃぁ、僕はおのちゃんで」

丘山「おのぴー?」

小野塚「おのぴーって呼ばれることもあります。メンバーからは、おのちゃって呼ばれますけど」

丘山「あははは、おのちゃ、可愛い!」

山口「私もはるちゃんとおのちゃんって呼んでいいんですか?」

丘山「ぜひお願いします」

小野塚「呼んでください」



――じゃぁ、山口さんのことは?


丘山「山口さんのことは山口さんって呼ばなきゃいけないみたいです」

山口「えぇ~~」

丘山「あははは。あだ名はあるんですか?」

山口「ノノリキって呼ばれています」

小野塚「ノノリキは、いかついな(笑)」

丘山「じゃぁ、ののちゃん…」

丘山「おのちゃん、ののちゃん、はるちゃん!決定だね」





――ミュージカル『INTERVIEW~お願い、誰か僕を助けて~』のタイトルにちなんで、最近、助けてほしかったエピソードがあったら教えてください。


丘山「僕、メカジキのフライが好きなんですけど、先日、衣に片栗粉でなく米粉を使ってみたら、おいしくなくて。そのときは助けて~!って思いました(笑)」

山口「お料理されるんですね?」

丘山「そうなんです。自粛中、料理をするようになったので」

小野塚「僕は今、格闘技にハマっていて」

丘山「すごい!」

小野塚「練習がハードなので、いつも助けて!って思っています」

丘山・山口「あはははは」

小野塚「スパーリングっぽいことをすると、やられちゃうこともありますし。誰も助けてくれないんで、誰か僕を助けて!って(笑)」

山口「私はやっぱり猫関連。夜、寝ていると毛玉を吐こうとして犬のような声を出すんです」

小野塚「へぇ~」

山口「あと窓枠にサンキャッチャーがかかっているんですけど、それをおもちゃだと思ってパーンって遊んでいるときもあって。うちの子がうるさくしていると、助けてって思いますね」



――では最後にミュージカル『INTERVIEW~お願い、誰か僕を助けて~』を楽しみにしている方たちにメッセージをお願いします。


山口「本格的に女優としてスタートして、これが始めの一歩となる作品になります。見に来てくださるファンの方たちには少し安心してもらえるかなって思っています。初めてのミュージカル作品なので、楽しみながらいろいろなことを吸収し、学んで頑張りたいなって思います」

小野塚「僕自身はコロナの自粛期間に入ってから初めての舞台。まず、この舞台をみなさまに無事、お届けできることを祈りながら、稽古をしっかりとやっていきたいと思っています。ミュージカルは新しい挑戦となるので、僕にとっても大きな作品になると感じていますので、ぜひ楽しみにしていてください」

丘山「このミュージカルは、チャレンジだらけの作品だと思います。それをこのチームで作り上げていきたいな、というのがひとつ。あとは自分を高める作品として、みんなでいいものを作り上げていきたいです。そしてお客さんにも、そんな僕たちの姿を見に来ていただきたいと思います」




文:今 泉

写真:稲澤朝博


ミュージカル 『INTERVIEW〜お願い、誰か僕を助けて〜』公演概要

【日程】3月24日(水)~4月4日(日)全20公演

【会場】東京・品川プリンスホテル クラブeX

【公式サイト】http://kmusical-interview-japan.com/


原作 : チュ・ジョンファ

作曲 : ホ・スヒョン


日本語台詞 : 田尾下 哲

日本語訳詞 : 安田佑子

演出:田尾下 哲

音楽監督 : 宮﨑 誠


出演者※ダブルキャスト

Team RED

ユジン・キム役 : 松本利夫(EXILE)

マット・シニア役 : 糸川耀士郎

ジョアン・シニア役 : 伊波杏樹


Team BLUE

ユジン・キム役 : 丘山晴己

マット・シニア役 : 小野塚勇人(劇団EXILE)

ジョアン・シニア役 : 山口乃々華


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング