1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

“日本一柔道が得意なGカップグラドル” 椎名あき、この日限りのハイレグ水着で悩殺

dwango.jp news / 2021年4月12日 7時30分

“日本一柔道が得意なグラドル”と異名を持つGカップグラドルの椎名あきが11日、都内で1stDVD『uiuiしいな!』(ラインコミュニケーションズ)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。


椎名にとって初のイメージ作品となる本作は、昨年11月に沖縄で撮影したそうで「最初の撮影がジャケットにもなっているシーンで、雨模様だったんですけどなんとか雨は振らずに曇りで、でも風が強くて大変でしたね」と回顧し、仕上がりについて聞かれると「定番の彼女目線のシーンがあったり、ナースさんや、私、秋葉原でメイドやっていたんですけど、メイドさんの格好をしたり、ベッドのシーンなどがあります」とオムニバス形式のイメージシーンが展開されると説明した。


具体的にシーンの紹介を求められると「メイドのシーンは、実際にメイドをやっていたので、セリフとかも楽しくできました。Sっ気のあるメイドさんになったり、ご主人様に忠実なシーンもあります。ナースはファンタジー要素があって、お医者さんとイチャイチャしています。このシーンだけ(相手側の)セリフがあるので、一緒に言ってもらえたらなと思います」と紹介。加えて、「最後のベッドのシーンでは氷を使ってチュパチュパしたり、体に当てたりしてだいぶセクシーな感じになっています」とオススメしてくれた。


もっともセクシーなシーンを尋ねられると、ジャケットにもなっている変形ランジェリーのシーンを挙げ「もう…布でもないですね、レースですね!すごくセクシーなシーンになっています」と明かし、衣装の面積が少なくてハプニングはなかったか心配されると「かなり際どかったですね。でもポロリはありませんでした」と笑顔を見せた。


改めて、初DVDを手にしての感想を求められた椎名は「嬉しいですね。先輩たちのようにこれからもどんどん出せるようになりたいので、ぜひ手にとっていただければと思います」とアピールし、次回やってみたいことについては「私、中学生のときに柔道で2回、千葉県で優勝しているので、ぜひそちらのシーンを撮ってみたいです。内股が得意です」と目を輝かせた。


グラビア活動を始めたきっかけを尋ねられると「もともとアイドルとかコンパニオンをやってきて、グラドルさんと一緒になるパチンコ番組があって、グラビアもいいなと思って、周りでもやっている子がいたので、テレビや雑誌で森咲(智美)さんや橋本(梨菜)さんを見て、この事務所でやりたいと思って、自分で応募しました」と経緯を明かした。


なお、この日の衣装は、ジャケットにもなっている変形ランジェリーを意識して購入したそうで「インパクトって大事だなと思ってこれを買いました。今日のために買ったので、撮影会では着ないです」と打ち明けた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング