1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

藤木由貴 “大人セクシー日々研究”、2年ぶりDVD「出し切りました」

dwango.jp news / 2021年9月14日 11時0分

「GOODRIDE 日本レースクイーン大賞2016」で、前代未聞の5冠を達成した、史上最強にかわいいレースクイーンとしてカリスマ的人気を誇った藤木由貴。最終シーズンとなった2018年も受賞するなど、RQ界では圧倒的支持を受け、サーキットを去った。


2019年の4月、待望のグラビアイメージDVDをリリース。誰もが虜になる100万$の笑顔と、均整の取れた抜群のプロポーションでグラビア界でも人気を博すのも秒速だった。その後カレンダー、トレーディングカード、雑誌グラビア、SNS、写真集と、グラビア活動は順調に運んだが、2020年は新型コロナウィルスの影響でロケもままならず、イメージDVDとしては、ファースト以来2年ぶりとなるセカンドDVD『刹那に美しく』(エスデジタル)がようやく発売され、記念のイベントが秋葉原・ソフマップで開催された。


今作はあらためて藤木の魅力をアピールしようと、キャプチャごとにさまざまな衣装や水着を纏っているオムニバスな一枚。「印象的なのは、すごいキレイなビーチで白い水着を着ているシーンですね。多分普段の私に一番近いかなと思っていて、ファンの方もみんな“ここ好き”って言う人が多かったですね。個人的にお気に入りなのは、同じビーチなんですけでど、シースルーのパレオを着ていて、水着が透けて見えるシーン。これは夕方撮ったので、夕陽との世界観がとてもキレイで幻想的で、私も撮影している時に気持ちが入った思い出のシーンですね」と振り返った。


藤木のイメージはなかったゴールドの変形水着を着た印象を聞いてみると、「普段こういう水着着たことがないので、どうしたらキレイに見えるかなあって悩みましたし、やっぱり恥ずかしかったです」と照れくさそう。「私、色気というか“セクシー”というものに縁がなくって(笑)。グラビアやってていうのもなんなんですけど…。日々大人の魅力をどう出していったら良いのかというのが課題なんですよ。撮らてて恥ずかしいという気持ちはないんですけど、どこかで出しきれてないのかなって思うこともありますし、グラビアやってく中ではそこを追求していきたい部分ではあります」と分析した。


前回ファーストDVDの自己採点を60点と辛口にした藤木だが、今作は100点満点だと胸を張り、「今の藤木由貴を出し切りました!1本めの60点というのがいろいろご意見をいただきまして、私も言ったのが未だに印象に残っててですね(笑)。だから今回は前作も踏まえて、全力で頑張った作品ということで、100点でみんなに観てもらいたいと思います」と前を向いた。


今回のイベントのチケットは完売、「ファンの方からもコメントを頂いてて、私も配信で“どうだった?”とか直接聞いたりしたんですけど、みなさん具体的に“ここのこのシーン好きなんだよねー”とか良い感想が多かったので、出して良かったなって思います。もうみなさん本当に嬉しいです!」と、あらためてファンに気持ちを伝えた。



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング