BiSラストシングルは王道の「沖縄で水着」

dwango.jp news / 2014年4月30日 14時34分

2014年7月8日に横浜アリーナでBiS解散LIVE 「BiSなりの武道館」を行い解散が決まっているアイドルBiS。

そんなBiSのラストシングル『FiNAL DANCE/nerve』のジャケット及びアーティスト写真と、”FiNAL DANCE “のMUSIC VIDEOが公開された。今作のビジュアルは全編沖縄で撮影された最初で最後のビキニ姿によるアイドルらしい作品となっている。

これまで全裸、スキンヘッズで放尿、スクール水着と釘バットでの乱闘、血塗れ、ハメ撮り風、悪魔崇拝、内臓露出、アイドルビンタ合戦、サイバーパンク、レズキス等波紋を呼ぶMUSIC VIDEO、全裸での雑誌表紙、世界的デザイナー「コシノジュンコ」の加入、24時間インストアライブ、100kmマラソン、家政婦オークション等の活動で、既存のアイドルの概念からから大きく逸脱した活動を行い話題を振りまいてきたBiS(Brand new Idol Society-新生アイドル研究会-)だが、これまでのイメージを一新した内容になっている。

このシングルはBiSのサウンドプロデューサー松隈ケンタ(SCRAMBLES)プロデュースの疾走感溢れるトラックにのせ、BiSメンバーが作詞を行い終わりに向かう現在の気持ちを綴った歌詞をエモーショナルに唄い上げるパワーロックチューン『FiNAL DANCE』と、BiSの代表曲であり2010年代のアイドルソングの金字塔とも言える『nerve』が目まぐるしいメンバーチェンジが行われたBiSの最終のメンバーが唄い直した最終バージョンの2曲を収録した強力両A面シングルとなっている。

そんなラストシングルの完成を受け、BiSのリーダー プー・ルイは「泣いて、笑って、脱いで、禿げて、濡れて、、、3年半、色々なことをしてきました。紆余曲折ありましたがやっとココに辿り着きましたー。撮影も今までのBiSにないハッピーなものでした。…でも何か違う。他とは違う。アイドルにもバンドにも変態にもなりきれない素人集団!新生アイドル研究会BiSだぁぁあ!!」とコメントを残している。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング