モー娘。'14道重に紅白歌合戦「最高の席で観てもらいたい」

dwango.jp news / 2014年5月2日 18時28分

5月2日(金)、モーニング娘。による約一年ぶりの舞台「演劇女子部LILIUM―リリウム 少女純潔歌劇」の記者会見が行われた。

この日登壇したのは、主演を果たす鞘師里保、譜久村聖、佐藤優樹、鈴木香音、小田さくら、工藤遥、石田亜佑美のモーニング娘。'14の7人。

「リリウム」は少女ヴァンパイアたちが集まる病棟で、一人の少女が失踪したことで浮かびあがってくる残酷な現実を描いた幻想的なゴシックホラー作だ。

主役となるリリーを演じる鞘師は「永遠の命はないというテーマ通り、残酷で美しい作品になってます」と、リンドウ役の譜久村聖は「出演者全員が花言葉になっているのでその意味を知って舞台を観るとより楽しめると思います」と見どころを語る。キーキャラクター・シルベチカを演じる小田は舞台初出演。「もう何度も何度も台本を読んでます。特に歌に関しては先輩には負けないよう頑張ります!」と力強く意気込みを述べた。

ヴァンパイアを題材にしていることもあり、噛むシーンについての話になると工藤から「噛む……というよりはナイフで刺す!とかの方が近いかも。殺陣をするみたいな」と、耽美な世界観とは裏腹に衝撃的な内容であることも伺わせる発言が飛び出る。

衝撃的な話繋がりで、話題は先日卒業を発表した道重さゆみの話に。発表前日に道重の口から聞かされたメンバーはだれも道重が卒業するとは考えていなかったという。鞘師は「最初はドッキリかと思った」と素直な気持ちを述べ、譜久村も「衝撃的でした、聞いた瞬間は先のことを考えられませんでした」とやはり相当なショックであったことを伝えた。

鈴木は「道重さんが卒業すると、私たち9期メンバーが一番長いメンバーになります。だからこれからは9期メンバーを中心に、しっかりと後ろを支えていきます」と語り、佐藤は「道重さんは『みんなが成長したら卒業するかも』と話してたから、私たちがシュン!と成長したからこそ、道重さんも安心して卒業できるって考えたのかも」と独自のニュアンスを交えながらも道重の卒業を前向きにとらえる姿を見せた。

当面の目標として掲げている紅白の話になると、石田は「その頃には道重さんは卒業してしまっています。ですから私たちがこれだけ成長したんだよ!という姿を最高の席で観てもらいたいです」と語り、年末への大きな夢を膨らませた。

舞台は6月5日から池袋のサンシャイン劇場で、6月の20日から大阪の森ノ宮ピロティホールにて始まる。ミュージカルという表現力を極める舞台において、新たなモーニング娘。'14の表現者としての姿が見れることに期待したい。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング