ν[NEU]原点回帰を告げる5周年記念シングル完成

dwango.jp news / 2014年5月5日 0時0分

7月で結成5周年を迎えるν[NEU]が、7月2日(水)に'5周年記念アニバーサリーシングル'として『ひとりじゃない』を発売する。

「'歌心'を大切に」という軸はそのままに、この5年間で音楽性はめまぐるしく変化。活動当初は'サイバー'をキーワードに攻撃的なデジタル・サウンドを描いていたν[NEU]だが、3年前のメジャー・デビュー以降、次第に、生音重視のスタイルへ。楽曲面での表現の変化は、5人の中に「生身の感情を伝える」という想いを強めてゆくことにも繋がっていった。とくに2013年以降は、「心に響く歌」であることを重視。2013年第一弾となったシングル『The 25th Century Love』がオリコン・チャート6位を記録。ヴィジュアル系という枠を超え、幅広い層から支持を得てゆく大きなきっかけをつかむことに。その成果は、ライブにも波及。今年1月には渋谷AXをSOLD OUT。その日の模様は、4月に『NEW YEAR ONEMAN 2014.1.26 SHIBUYA-AX LIVE DVD』として発売になっている。

「1月に演った渋谷AXのワンマンを通し、ν[NEU]の第一章を集大成することが出来ました」(みつ)と語るように、渋谷AXでのワンマン・ライブは、ν[NEU]というバンドの進化の歩みを集約した内容だった。同時に、「渋谷AXのワンマンを終え、改めて5人で'今のν[NEU]が先へ示したい想いは何だろう?!'と話しあったし、メンバー自身のことを見つめ返す時間も過ごしてきました」(みつ)

今年7月で結成5周年。'5人のメンバーが出会い、5度目の夏を迎える'に当たり。そして、新たなν[NEU]第二章の始まりを告げるうえで、まずは「今の自分たち自身の意志や意識」を彼らは歌の中へ提示。それが、冒頭にも触れた7月2日(水)に'5周年記念アニバーサリーシングル'として発売する『ひとりじゃない』になる。

「活動を始めた当初は、攻撃性のある楽曲を重視していたんだけど。僕らのデビューした時期が、東日本大震災の年と重なっていたこともあり、'自分たちは一体、音楽を通し何が出来るんだ?!''何を伝えたいんだ?!!という気持ちを強く持つようになった。それが、メジャー・デビューシングル『RED EMOTION~希望~』という楽曲になり。今へと繋がる'伝えることを軸に'という姿への大きな起点にもなれば、そこから意識面でも一気に変化を告げるようになりました」(ヒィロ)

「'どんなときもひとりじゃない''どこまでも行こう この先も'とメンバー自身へ語りかけながら。同時に、ν[NEU]を支え続けてくれたすべての人たちへの想いとして、『ひとりじゃない』の歌詞を書き上げました。これは、人が生きてく中で抱き続ける想いであり、ν[NEU]として伝え続けたい心の言葉。それを第二章の始まりを告げる5周年という時期に出せるのが、今は素直に嬉しいんです」(みつ)

『ひとりじゃない』が5周年記念シングルになることから、今回は、5 TYPEのシングル盤を用意。C/Wに、それぞれ異なる5つの楽曲を収録。それらの曲たちも、『ひとりじゃない』と連動してゆく形を取っていくそうだ。

「自分たちが音楽を好きになった原点に立ち返って生まれた、原点回帰作」(みつ)となった『ひとりじゃない』を手に、ν[NEU]は、7月から年内いっぱいかけ、「★5th Anniversary★ONEMAN TOUR 2014」と題した全国ツアーを'計30本'行う。現状、発表になっているのは24本。その24本目に当たる、初ホール会場となった9月28日・渋谷AiiA Theater Tokyoのチケットは、すでにSOLD OUTを記録。地方公演先でもいくつも完売している会場が出ているように、早めにチケットを手にすることをお勧めしたい。

「ツアーのファイナルは、ν[NEU]として最大キャパに挑みます」(ヒィロ)とメンバーは語ってくれたが。その詳細は、7月7日・渋谷TSUTAYA O-WESTのライブを通して発表になる。

ギターの華遊が届けた、「黒船ガ来航シ、ペリーニヨッテ鉄砲ガ伝来。ν[NEU]ノ中ノ鎖国ガ解ケマシタ。ココカラν[NEU]ノバクテリアガ一気二広ガリマス。自分モ、君タチモ'ひとりじゃない'」というメッセージ。その謎を解くうえでも、7月からスタートする5周年展開に、ぜひ熱い視線を注いでいただきたい。(TEXT:長澤智典)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング