AKBチーム8初ステージで「ラブラドール・レトリバー」センターは下青木

dwango.jp news / 2014年5月10日 17時13分

「会いに行くアイドル」をコンセプトに活動するAKB48チーム8が、熊本で行われたイベントにて、初ステージを披露した。

熊本市動植物園にて、テレビ熊本(TKU)主催イベント「ありがとう45周年“TKUの日”にかたらんね in 江津湖」が行われ、そのメインステージにて、AKB48 チーム8から九州7県代表のメンバーを中心に16名が出演。4曲をパフォーマンスし、初ステージを披露した。

初ステージ前には、会場内を「練り歩き」、新人ならではの初々しいプロモーションも決行。当日は天候にも恵まれ、多くの家族連れや、カップル、友達同士など、幅広い年齢層の方々がイベントに訪れ、チーム8のステージは大いに盛り上がった。

チーム8は「会いに行くアイドル」をコンセプトに、今までのAKB48とはまた違った形での活動をしていきますが、今日の「熊本でのイベント」を皮切りに、今後、全国各地でパフォーマンスを披露していく予定。

●倉野尾成美(熊本県)
「初ステージが熊本だったので、地元出身の私としてはすごく緊張しましたが、ファンの方々の応援がすごくて、驚きました。でも、背中を押された感じでとてもうれしかったです。明日も15時からステージがあるので、たくさんの方々に見に来ていただけたらと思います。皆さん、お待ちしています!!」

●左伴彩佳(山梨県)
「リハーサルのときは、緊張するかなと思ったのですが、いざ、本番のステージに立つとファンの方々が盛り上げてくださったので、私自身も初ステージでのパフォーマンスを楽しめました。今日のステージでの経験は、これからのチーム8での活動において、自分自身の糧になっていくと思います。これからも人より何倍も努力して輝けるように頑張っていきます。」

●下青木香鈴(鹿児島県)
「今日は初ステージで、『ラブラドール・レトリバー』と『恋するフォーチュンクッキー』の2曲をセンターで歌わせていただくことができました。とても緊張したのですが、たくさんのファンの方々の応援のお陰でやりきることが出来ました。これからも頑張っていきますので応援よろしくお願い致します。」

●小田えりな(神奈川県)
「初ステージでしたが、すごく楽しかったので、次のステージもこの勢いで楽しんでいきたいと思います。会場の熱気に圧倒されそうになりましたが、これからもファンの方々と一緒に、チーム8を盛り上げていけるように頑張ります。」

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング