HEROが野音に賭ける想いとメジャー第1弾アルバム制作秘話

dwango.jp news / 2014年5月17日 21時30分

5月21日に、メジャー第1弾アルバム『巡り行く季節(とき)の中での さよならの仕方
』を発売するHERO。

収録曲には、メジャー/インディーズ時代に発売した『答え合わせ』『絵足し歌』『テノヒラ』『相対性理論』など4枚のシングル曲も収録。現在HEROは、全国ツアー「HERO ONEMAN TOUR 2014「See you again」」を実施中。ファイナルは、8月23日、日比谷野外音楽堂となっている。今回、アルバムリリース、そして野音について4人の声に触れていただこう。

―ライブでは観客たちを毒づいたりと、悪魔な表情も垣間見せるJINさんですが。アルバム『巡り行く季節(とき)の中での さよならの仕方』に収録した曲たちには、傷ついた女性の気持ちに優しく寄り添う想いを数多く記しています。世の女性たちは、その温かな心使いに胸をキュンと疼かせ、HEROの歌の虜になってしまうんでしょうね。男性目線で「情けなくも無垢な恋心」に触れたとき、「男ってそうだよな」と納得してしまいました。もしやJINさんって、天使と悪魔の二つの顔を使い分けている方なんですか?

JIN
もぅ、「天使のようにめちゃくちゃ純粋だな」って自分でも思いますからね。つねに、相手の気持ちに寄り添ってあげたいというか。つねに「困ってる人を助けてあげたい」っていう…アンパンマンみたいな性格なんで。メンバーに対してもそうで、つねにメンバーのことを気づかって気づかってと、大切に扱ってますから。

yu-ta
ツアー初日の大阪公演のときにJINが「お前、そこ座っとけよ」と言いながら、いきなり脱いだ靴下を俺の顔に近づけて嫌がらせをしたり、鼻をかんだティッシュをわざと広げて見せたり…。

yusuke
うわっ、汚ねぇー!!(笑)

JIN
まぁ、なんて言うんですかね…。本番前というのもあって、緊張からすごい筋肉が硬直しているのにyu-ta自身が気づいていなかったんで、「これは解決してあげなきゃ」と、そういうことをやったら、その日はすごく柔らかいステージングが出来たんで良かったなと。僕が、楽屋でそういうことをするのは、「もうちょっと肩の力を抜けよ」という、僕からのメンバーに対する優しいメッセージなんです。

yusuke
その優しさは感じるけど。本番前、ゆっくり静かに集中したいときもあるんで(笑)。

JIN
みんな、カチカチになってるんですよ。「それじゃ、お客さんに笑顔を見せられないな」と察知するから、いじってあげて、いつものメンバーに戻してあげる。結果、すごく良い笑顔振りまいて演奏してるから「やって良かったな」と。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング