平井 堅Mステで一夜限りの「いとしのエリー」TV生歌披露

dwango.jp news / 2014年5月31日 0時16分

昨年、平井堅自身のライフワークであるアコースティック編成で聴かせるコンセプト・ライヴ「Ken’s Bar」。

開催15周年を迎え、5月には日本武道館公演2days、7月には七夕スペシャルとしての沖縄公演2days、12月には全国5カ所8公演での開催となったアリーナツアー、年が明けて2014年2月にはバレンタインスペシャルと銘打ったBlue Note Tokyo公演2daysと精力的にアニバーサリーLIVEを展開してきたが、この15周年イヤーの最終日にあたる2014年5月28日にさいたまスーパーアリーナにて15周年アニバーサリーLIVEシリーズの最終公演を開催し、華々しく15周年イヤーを締めくくった平井堅が6月6日(金)にテレビ朝日系列で生放送される音楽番組「MUSIC STATION」に出演し、平井堅が最も敬愛するアーティストである桑田佳祐が作詞・作曲した、サザンオールスターズの大名曲【いとしのエリー』のカヴァーを一夜限りのTV生パフォーマンスすることが明らかになった。

『いとしのエリー』はコンセプト・ライヴ「Ken’s Bar」でも過去に披露されてきたが、TVで生パフォーマンスを披露するのは今回が初となり、一夜限りのスペシャルパフォーマンスが実現する。

平井堅は元々、ファンクラブに入会するほどサザンオールスターズの大ファンであり、大学時代に桑田佳祐の自宅の門の上に、「桑田佳祐様、原由子様、コーラスでいいので雇ってください。平井堅」とメッセージを添えたデモテープを置いて行ったというエピソードもあり、『いとしのエリー』に関しては「日本国民の宝のような曲。そして僕の人生を語る上で不可避な曲」とコメントしている。そんな自身にとって最も重要なアーティストの名曲を今回TVでカヴァーするにあたっては
「国民の宝のようなこの楽曲を歌わせて頂くのは畏怖の念すら抱きますが、この名曲を汚さぬよう、大切に、そして自分らしく歌おうと思います。」とコメント。一夜限りのスペシャルパフォーマンスに俄然注目が集まる。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング