松井玲奈「プリンシパル」で役獲得!初日から波乱続出!

dwango.jp news / 2014年5月31日 11時46分

乃木坂46「16人のプリンシパルtrois」初日が開演され、兼任メンバーである松井玲奈が登場した。

毎回恒例となった乃木坂46“キャスティング参加型演劇”「16人のプリンシパル」。今回は、指原莉乃の関連ドラマや映画でもお馴染みの福田雄一氏を脚本・演出に招き、笑い満載の舞台となった。この「16人のプリンシパル」、第一幕ではそれぞれが演じたい役に立候補し当日会場に来たファンによって投票され、ジャッジされる仕組み。

今回のオーディション方法は「コント」。初日から波乱が連発!ロザリオ役を争った生駒里奈と斎藤ちはるは、まさかの斎藤ちはるに軍配が!また、エステル役を争った松井玲奈はいきなり6人ものライバルが出現!そんな中で抜群の演技力を魅せ見事初出場で初の役を獲得した。また、西野七瀬もオーディションで落ちるなど波乱続出!それぞれが熱いオーデイションを勝ち抜き、主役級のポリン姫には生田絵梨花、ロザリオに斎藤ちはる、クリスティーヌに和田まあや、エルザに齋藤飛鳥、キャサリンに白石麻衣、ベルに中田花奈、マキアに高山一実、パムに桜井玲香、ルイーダに若月佑美、エステルに松井玲奈、メグに生駒里奈、エリザベートに西野七瀬、侍女1に伊藤かりん、侍女2に松村沙友理、侍女3に星野みなみ、侍女4に能條愛未が選ばれた。(生駒や西野は人気投票上位で選出される)

今回、オーディションではくじ引きで選んだ台本を使用して、それぞれがライバル同士でコントを行い、一番演技がうまかったメンバーをファンが選出するもの。オーディション台本にも難しい物が存在し、当たり外れがあるとメンバーは告白。

本番舞台の「レッツゴーっ!ポリン姫」では、ポリン姫が他の星に旅行に行ったまま帰ってこない両親を探しに戦いの旅に出る…というもの。ポリン姫役の生田絵梨花を筆頭に、それぞれがみな初回の舞台とは思えないほどに当たり役。「福田流」の気の利いたギャグ連発で会場を笑いの渦に巻き込んだ。

毎回配役が変わるという前代未聞の「16人のプリンシパル」も今回で3回目。確実に演技力をつけているメンバーが、今回の「16人のプリンシパルtrois」でどんな演技を見せてくれるのか、これからが楽しみだ。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング