大島優子最後は「行ってきまーす!」

dwango.jp news / 2014年6月9日 16時48分

「大島優子卒業コンサート in 味の素スタジアム ~6月8日の降水確率56%(5月16日現在)、てるてる坊主は本当に効果があるのか?~」が、6月8日(日)味の素スタジアムにて開催された。

3月30日に国立競技場で開催予定だったAKB48グループコンサートが荒天の為中止となり、それに伴い延期となっていた大島優子の卒業セレモニーが、「卒業コンサート」として本日約2ヵ月遅れで開催。ファンの願いのこもったてるてる坊主の効果で、心配された雨も開演前に奇跡的に止み、コンサートは無事開催された。

井上ヨシマサのピアノ生演奏とともに、優子がしっとりと歌い上げた『泣きながら微笑んで』でコンサートは幕開け。続いて、高橋みなみの「国立の借りを返しに来たぜー!」との絶叫に会場へ集まった7万人の大きな声援で応え、メンバーもファンも待ちに待ったコンサートはスタートからかつてない盛り上がりを見せた。

序盤では、昨日の総選挙を振り返るコーナーも。悲願のセンターの座を勝ち取った渡辺麻友をはじめとする14名(川栄李奈と生駒里奈は不参加)は、あらためて感謝の気持ちを込めながら『少女たちよ』を、新選抜として初めてのパフォーマンスとして披露。

中盤では、姉妹グループ、チーム8、塚本まり子の大人AKB48など、多彩なパフォーマンスが繰り広げられた。そして終盤からは優子が、「変幻自在のエンターテイナー」の本領をいかんなく発揮。『青春の稲妻』では「心友」と呼び合う宮澤佐江と息の合った華麗なタップダンス、『エンドロール』では松井珠理奈らとグループ随一と讃えられたキレのあるダンス、『禁じられた二人』では意外にも初という高橋みなみとの二人での儚いユニット曲…を立て続けに披露し、曲の合間には衣装の早着替えにも挑戦した。アンコール明けには、モニターに大島優子のAKB48メンバーとしての歴史を振り返る映像が映し出され、秋元才加や野呂佳代など旧チームKメンバーも駆けつけ、大切な仲間の旅立ちの日を祝福した。

『支え』では、260人以上のメンバーひとりひとりと言葉や握手を交わし、「優魂」を確かにAKB48グループに継承。最後のひとりは「戦友」と互いに認め合う高橋みなみとなり、ふたりは短く言葉を交わすと強く抱き合った。

優子は「この8年間を思えば、この先何でも乗り越えられると思います。それだけ私に勇気と力をくれました」と目を潤ませながらも力強く挨拶。ただし最後は「ずぅーと推しメンでよろしくお願いします!」とおどける場面も。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング