大島優子卒業!「優魂継承」は、誰に?

dwango.jp news / 2014年6月10日 18時7分

6月9日(月)に行われたAKB48劇場での「大島優子卒業公演」をもって、大島優子がAKB48から卒業をした。

絶対的センターだった前田敦子の卒業後、先頭に立ってAKBグループを引っ張ってきた大島優子。そんな彼女の意思を継ぐ「優魂継承」は果たされたのか?この「優魂継承」に名乗りを上げているのは、武藤十夢、松井珠理奈。そして大島優子にセンター後継者として指名された渡辺麻友、更に大島が『ヘビーローテーション』のセンターを直々に譲ったとして話題となった15期生・向井地美音がファンの間で「優魂継承者」として認識されている。

松井珠理奈、武藤十夢は総選挙でも力を発揮。2人は、大島優子が残した「努力すること」「前向になること」をシッカリと受け継ぎ、パフォーマンス力も向上してきている。何よりも、大島優子の「AKB48としての最後」を間近で見続けてきた2人は、これからのAKBグループを間違いなく背負っていくだろう。

また、突然の指名を受けた向井地美音も、このタイミングで大島優子より「センターを受ける」ことで、大きな試練ではあるが間違いなく飛躍するチャンスを獲得した。

そして、渡辺麻友は得票数第一位という結果をシッカリと残し、AKB劇場で行われた卒業公演のコメントでも涙を流さずに、大島優子から「AKBを受け継ぐ」姿をシッカリとファンに魅せた。

どのメンバーも様々な形で「優魂継承」をシッカリと受け継いでいくことだろう。今回の大島優子の卒業は、AKBグループに様々な出来事があった中で行われた。全てのメンバーが大島優子がいなくなるという事をシッカリと受け止め、上記のメンバーだけではなく、全員が「優魂継承」をしていくことで、次なるAKB48の物語が始まっていく。(C)AKS

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング