近野莉菜がJKT48でも「Kの魂」

dwango.jp news / 2014年6月12日 12時42分

AKB48からの移籍メンバー近野莉菜が6月11 日、ジャカルタで開催されたJKT48 6th シングル『ギンガムチェック』発売記念コンサートに登場した。

『River』『桜の花びらたち』『ひこうき雲』『少女たちよ』『白いシャツ』の全5 曲をインドネシア語で披露し、大歓声を受けてインドネシアでの活動を開始した。そして、このコンサートにて近野莉菜の所属チームが発表され、JKT48チーム KIII のメンバーとして活動することとなった。

近野莉菜は、2007年10月に開催された AKB48 第二回研究生(5期生)オーディションを経て AKB48 メンバーとなり、以来7年間活動。2014 年2月24日に開催された「AKB48 グループ大組閣祭り」にて、JKT48 への移籍が決定。これは2012年の高城亜樹と仲川遥香に続く日本人メンバーのJKT48 への移籍であり、JKT48 チーム KIII としては初の日本人メンバーとなる。

【近野莉菜 発表コメント】
「はじめまして!私はAKB48の中でも「熱い魂」が持ち味のチームKからやってきました。このたびJKT48でもチームKIIIのメンバーに選んでいただいたので、Kの魂を受け継いで今日から頑張りたいと思います。皆さん応援よろしくお願いします!」

【仲川遥香 コメント】
「AKB48で様々な経験を共にした近野莉菜さんを新しくJKT48のメンバーに迎えることができて、とても嬉しく、そして頼もしく思います。これから力を合わせて JKT48 の良さをもっともっと多くの方々に知っていただけるよう、一緒に頑張っていきます!」

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング