AKB大握手会を再開へスタッフ1000人以上!

dwango.jp news / 2014年7月5日 17時31分

5月25日(日)に発生した傷害事件を受け、開催を延期していたAKB48劇場盤発売記念大握手会が7月5日(土)東京ビッグサイト東展示棟にて再開された。

AKB48グループは、『ハート・エレキ』『前しか向かねえ』通常盤全国握手会イベント(岩手)にて5月25 日(日)に起こった、AKB48メンバーの入山・川栄及び会場整理スタッフへの傷害事件を受け、握手会運営上の警備体制を見直し、改善するために、事件以降予定の握手会は延期をしていた。そして、7月5 日(土)東京ビッグサイトにて、握手会を再開。

午前8時より入場が開始され、カバンの中の袋類の開示、傘を開閉、飲み物を警備員の前で試飲するなど厳重なチェックを求められても、ファンは積極的にチェックを受け混乱もなくスムーズな入場ができた。ファンたちも握手会再開に向けメンバーと同じ気持で望んだようだ。

握手ブースでは、104のレーンが一列に並び、メンバーと来場ファンは柵越しに対面する形式となった。実際にはメンバーの両サイドには写真が貼られた間仕切りの壁が用意され、前後は吹き抜けとなっており、隣に並ぶメンバーの顔、後方に配置の警備員やマネージャー、スタッフなども見通せ、以前よりも見通しのいいレイアウトとなった。

また、会場内では、ファン自らがメンバーの安全を守るため、会場内の警備・美化活動を啓蒙するプラカードを掲げる姿も見受けられた。AKBグループとファンがまた一歩、近くなれるイベントとなった。(C)AKS

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング