11歳女性プレイヤーの球団入りが決定! NPB『スプラトゥーン2』ドラフト会議

NewsInsight / 2019年3月4日 13時0分

「こんちゃーっ! ハイカラニュースの時間だよ!」
「今日もハイカラスクエアのかたスミからおとどけします」
「まずは、臨時ニュースよろしく!」
「エッ?! 急に? なんでしたっけ?」
「NPBが動き出してるってことは、例のアレっしょ!」
「eスポーツですか!」
「それそれ! 近いうちに、『NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2』が始まるよ!」
「テンション上がっちゃいますネ! 機材のメンテしなくちゃ……」
「参加チームの発表、まだー?」
「ちょっと待ってくださいね! 参加チーム……、ドラフト会議で決まったみたいです」
「……来たっ! 参加チームは……うお?!」
「センパイだけ見てないで、早く教えてくださいよ!」
「それじゃあ、はっぴょーーーするよ!」
「ゴクリ……」
「今回の参加チームは……」

“絶対王者”GGBOYZの指名に注目が集まる

日本野球機構(NPB)は3月3日、「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」の参加チームを決めるドラフト会議を開催した。「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」とは、2019年5月18~19日に東京ビッグサイトで開催されるNPB主催の『スプラトゥーン2』の大会で、プロ野球の各球団を代表する12チームが参戦する。

今回のドラフト会議で指名対象となったのは、同タイトルの全国大会「第4回スプラトゥーン2甲子園」に出場した1000を超えるチームの中から、書類選考とオフライン選考会を通過した18チーム。ドラフト会議で各球団がそれぞれチームを指名し、重複指名があった場合、抽選を実施する。そして、獲得権を手に入れた球団に所属することが決まるのだ。


ドラフト会議の様子。いくつかの球団からはマスコットキャラクターも参加した

指名対象に選ばれたのは、四神乱舞、ばぼにゃんず†、5年☆組~あしんとらず学級~(以下、5年☆組)、愛と勇気のH3、GGBOYZ、ボールド半端ないって、私を闘会議に連れてってネオ、えふわんけーき、花鳥風月 月組、Anti Pop、-閃華裂光-、やのっち監修【メロンの海苔塩風味 Mild 仕立て】、ぽぽじろう学園高等部3年A組、SpRush!!、ウルトラリベンジャーズ、ハイパービーム、Libalent Calamari、Cool&Cool。18チームのなかには、甲子園優勝チームはもちろん、地区大会で敗退したチームも指名対象に含まれていた。実績だけではなく、さまざまな面から球団の顔となるに値するチームが選ばれたのではないだろうか。

そのなかで注目が集まったのは、GGBOYZの行方だ。GGBOYZは、第3回、第4回とスプラトゥーン甲子園を連覇しているだけでなく、アメリカのゲーム関連の見本市「E3 2018」で開催された『スプラトゥーン2』世界大会でも優勝している、いわば“絶対王者”のような存在。読売ジャイアンツが、ドラフト会議前日に公式TwitterでGGBOYZを指名することを発表するなど、開始前からGGBOYZ獲得に向けた駆け引きが行われていた。

重複指名を受けた2つのチーム

実際にドラフトが始まると、GGBOYZは3球団からの指名を受ける。指名したのは東北楽天ゴールデンイーグルス、読売ジャイアンツ、福岡ソフトバンクホークスだ。ただ正直なところ、5球団くらいから指名を受けるのではないかと予想していので、思いのほか指名チームはバラけた印象を受けた。

また、重複指名を受けたチームがもう1つあった。5年☆組だ。11歳の女性プレイヤー、ほのか選手とハル選手が在籍する、非常に若いチームである。しかし、若いとはいえ、ほのか選手は小学生ながらにして、忍ismの女性ゲーミングチーム「花鳥風月 星組」に所属するプロゲーマーだ。今回5年☆組は、千葉ロッテマリーンズと横浜DeNAベイスターズの2球団から指名を受けた。

GGBOYZと5年☆組の指名球団が重複したことで、それぞれのチームの獲得権を手に入れるための抽選が行われた。その結果、GGBOYZは福岡ソフトバンクホークス、5年☆組は千葉ロッテマリーンズの所属に決定。その後、抽選を外した球団によって2巡目の指名が行われたが、重複はなく、各球団の所属チームが決まり、ドラフト会議は終了した。


GGBOYZ指名球団による抽選の様子。ジャイアンツでくじを引いたのは、マスコットのジャビット


5年☆組の抽選結果を見て、ガッツポーズするマリーンズ選手OBの里崎智也氏(左)と、崩れ落ちるベイスターズのバート(右)

なお、ドラフトで決定したチームの所属球団は以下の通り。 

<セ・リーグ>各球団の指名確定チーム
広島東洋カープ:やのっち監修【メロンの海苔塩風味Mild仕立て】
東京ヤクルトスワローズ:ウルトラリベンジャーズ
読売ジャイアンツ:SpRush!!
横浜DeNAベイスターズ:ハイパービーム
中日ドラゴンズ:私を闘会議に連れてってネオ
阪神タイガース:ぽぽじろう学園高等部3年A組

<パ・リーグ>各球団の指名確定チーム
埼玉西武ライオンズ:Cool&Cool
福岡ソフトバンクホークス:GGBOYZ
北海道日本ハムファイターズ:ばぼにゃんず†
オリックス・バファローズ:Libalent Calamari
千葉ロッテマリーンズ:5年☆組~あしんとらず学級~
東北楽天ゴールデンイーグルス:-閃華裂光-


GBOYZのメンバー。右からダイナモン選手、えとな選手、やまみっちー選手、たいじ選手


5年☆組のメンバー。右からあしん選手、ほのか選手、ハル選手、raz選手

昨年NPBとKONAMIが共催した野球ゲーム『実況パワフルプロ野球(パワプロ)』のeスポーツプロリーグ「eBASEBALL」とは異なり、若い世代や女性の入団が目立った今回のドラフト会議。「11歳の女性がプロ野球球団と契約する」ことは業界的にも前例のない出来事なのではないだろうか。つまり、それほどまでに、eスポーツは老若男女問わず活躍できる可能性のある競技なのだ。

特にスプラトゥーンは、年齢や性別を問わず同じ土俵で真剣勝負を楽しめるeスポーツの魅力を凝縮したタイトルの1つなのかもしれない。

また、「eBASEBALL」では、試合の解説などで、プロ野球選手OBや球団マスコットが出演することも多く、「ゲームのファン」だけでなく、「野球のファン」や「球団のファン」、さらには「球団マスコットのファン」と、さまざまな層の人が会場に足を運んでいたが、『パワプロ』以上にユーザー層の広い『スプラトゥーン2』では、いったいどんなファンが訪れるのか。本選開始までに行われる「キャンプ」や「オープン戦」などにも注目したいところだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング