アメリカも恐れる? 中国海兵隊

ニューズウィーク日本版 / 2013年11月1日 12時49分

「パシフィック・ピボット(アジア大洋州重視戦略)」により、太平洋地域では米軍の配備強化が進んでいる。米海軍と海兵隊が想定するシナリオの1つが、中国人民解放軍の水陸両用部隊による台湾侵攻だ。

 中国が海から陸上部隊を投入する際に先陣を切るのが人民解放軍海軍陸戦隊(海兵隊)。2個旅団で構成される1万2000人の精鋭部隊だ。規模は小さいが、海軍と空軍の戦力に支えられ、中国とロシアの最新技術を取り入れている。

 陸戦隊はこれまで上陸作戦や空挺作戦の訓練を積んできた。初めは大掛かりな侵攻作戦を想定していたが、今は強襲作戦を担う緊急展開部隊へと進化している。

 とはいえ、まだ成長段階にあり、台湾海峡を渡って台湾に侵攻できるような能力には達していない。それでも、急激に実力を蓄えているのは確かだ。

 人民解放軍陸戦隊が誕生したのは53年4月。連隊規模だったのがやがて東海艦隊の指揮下で師団へと拡張した。一旦は武力による「台湾解放」方針の撤回に伴って解散となった後、70年代末に再結成されて今日に至っている。

 アメリカは中国陸戦隊に以前から注目してきた。領土拡張政策を取る中国の軍事動向に関して、米国防総省は既に10年の「中国の軍事力に関する年次報告書」で、台湾有事の可能性を危惧している。今年の報告書では、中国が台湾侵攻のために夜間や全天候の揚陸演習をしていると見なし、陸戦隊の戦力増強を予測した。

 実際、陸戦隊は中国で存在感を増すばかりだ。01年に人民解放軍海軍は大規模な強襲揚陸演習を行ってアメリカを驚かせた。最近は尖閣諸島や、フィリピンと領有権を争う南シナ海の海域で、陸戦隊の艦艇が「海洋調査演習」に参加。先月にはシリア沿岸に派遣された1万9000トン級の大型揚陸艦「井岡山」が紅海に到達した。

 陸戦隊は国連の平和維持活動やソマリア沖での国際的な海賊対策などにも積極的に参加している。つまり中国政府にとっては外交に貢献する貴重な戦力でもある。

 戦闘即応態勢を保持する人民解放軍陸戦隊は、今後も急拡大を続け、頻繁に配備されるだろう。アメリカのアジア戦略において決して侮れない存在となっている。

[2013.10.29号掲載]
クリストファー・イサジウ

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング