ニューヨークで注目「電子たばこ」専門バー

ニューズウィーク日本版 / 2013年11月11日 18時27分

「たばこ」と「健康」という言葉が同じ文章で使われなくなって久しい。だが、ニューヨーク初の電子たばこバーの狙いが当たれば、スローフードやアシュタンガヨガのような「健康ブーム」の仲間入りを果たすかもしれない。

 電子たばこはニコチンを含む液体を熱し、煙の代わりに蒸気を吸う。従来のたばこのような灰もタールもなく、特有のにおいもしない。今夏ソーホーに登場したヘンリー・ベイポリアムは、酒ではなく電子たばこをたしなむバー。電子たばこを啓蒙する社交の場でもある。カウンターのスツールに腰掛けた客は蒸気を吐きながら、白衣姿の「ベイポロジスト」の解説に耳を傾ける。

 共同経営者のタリア・アイゼンバーグは20代の元画廊オーナーだ。コロラド州ボールダーに住んでいた数年前に「パーティーガール」を卒業した。

 改心した彼女はエクササイズをして、体に良い食べ物を選んだ──正確には、喫煙の合間に健康的な生活に励んだ。「登山の途中でたばこ休憩を取っていた。やめなければいけないことは分かっていたけど」

 そんなときに電子たばこと出合い、たばこはすっぱりやめたという。アイゼンバーグは急成長していた電子たばこ業界に参入しようと決めて、2年前に複数の起業家と電子たばこのブランド「ヘンリー」を立ち上げた。

やがては規制の対象に?

 ヘンリー・ベイポリアムはそのアンテナショップでもある。約250平方メートルの店内では、吸い切りタイプや詰め替え用カートリッジの電子たばこを試せる(18歳以上に限る)。ニコチン含有量は0〜24ミリグラムと幅があり、フレーバーは80種類以上ある。

 10種類以上の低温圧搾(コールドプレス)のジュースや有機栽培のコーヒー、完全菜食主義の料理を提供するコーナーも近く開設される。ライブや映画上映、トークイベントなどができる文化の拠点にもしたいと、アイゼンバーグは考えている。

 電子たばこは「健康」や「安全」をうたうことが法律で禁止されており、今のところ米食品医薬品局(FDA)の規制の対象外だ。ただし、それも時間の問題かもしれない。40以上の州の司法長官がFDAに対し、電子たばこをたばこと同じような扱いにして、広告や成分を規制し、特に未成年への販売を禁止するよう求めているのだ。



 FDAの判断はともかく、ヘンリー・ベイポリアムの戦略に懐疑的な声もある。健康食品や無料の無線LAN、ストリートアート、文化的なイベントと結び付けても、従来の喫煙者の関心を引くことはできないだろうというわけだ。

 しかし、ヘンリーの広報担当テディー・デービーズは、少なくとも地元では人気が出るはずだと自信を見せる。「ニューヨーカーは極端なところがある。パーティーはクレイジーに楽しみ、たばこを吸って、ドラッグもやるかと思えば、完全菜食主義で、ソウルサイクル(暗闇でエアロバイクをこぐエクササイズ)に励む。その中間はほとんどない」

 彼らなら「健康に良いたばこ」も歓迎するかもしれない。

[2013.11. 5号掲載]
バーバラ・ハーマン

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング