想像を絶していた!中国鉄鋼の過剰生産

ニューズウィーク日本版 / 2014年2月27日 15時55分

 経済成長の波に乗って拡大の一途をたどってきた中国の鉄鋼業界。だが成長の鈍化に伴ってこの数年、鉄鋼業界の設備過剰が深刻化。にもかかわらず、中国最大の鉄鋼生産量を誇る河北省では、老朽化した生産施設の閉鎖をはるかに上回るペースで設備の新設が続いている。
 
 中国鉄鋼工業協会(CISA)の副事務総長、李新創(リー・シンチョアン)によれば、鉄鋼業界の余剰生産能力は3億トンという「想像を超える域」に達している。これは、昨年のEUの生産量の2倍近くに相当するという。

 景気の減速局面にあるにもかかわらず、今年の鉄鋼製品の需要は前年比3・2%増の7億1500万トンという緩やかな上昇を続けている。そのため、シェアを伸ばしたい鉄鋼メーカーは生産能力を引き続き拡大。中国の鉄鋼生産量は今年も3%増加するだろうと、CISAは予測している。

 もちろん、当局も問題は認識しており、老朽化した施設を閉鎖するようトップダウンで対策を進めている。例えば河北省唐山市では、今後5年間で4000万トン分の生産能力を削減する計画だという。ただし、目に見えた変化が現れるには何年もかかるかもしれない。
 
 鉄鋼の過剰生産は、悪化の一途をたどる大気汚染の一因でもある。鉄鋼産業で潤ってきた河北省は現在、生産能力の削減による環境汚染対策に先陣を切って取り組んでおり、2017年までに6000万トン分の生産能力を削減する計画だ。

 とはいえ、閉鎖される施設は老朽化のため、すでに半年〜1年前から休業状態だったものがほとんど。つまり、閉鎖しても温室効果ガスの排出量の削減にはほとんど貢献しそうにない。

 しかも、河北省では古い施設を閉鎖する2倍のペースで新規施設の増設が続いていると、中国最大の鉄鋼企業である河北鋼鉄集団のマーケティング責任者は明かす。「生産能力の削減目標が年間1500万トンなのに対し、新規設備の生産能力は3000万トン。つまり、閉鎖のスピードは十分でない」と、この人物は言う。



 メーカーが拡大路線を突き進む背景には、鉄鋼業が地方経済の屋台骨となっている事情もある。地方政府としては、環境を犠牲にしてでも経済成長を優先したいと考える。

 当局が掲げるすべての生産削減策を実行すれば、河北省だけで20万人が職を失う。彼ら全員に新たな仕事をあてがうのは、大気汚染対策以上の難題かもしれない。

ソフィー・ソン

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング