中国のハデ婚は汚職の温床

ニューズウィーク日本版 / 2014年5月8日 15時17分

 結婚式や葬式を行う場合は、事前に許可を得ること──。中国南部・広東省の共産党規律検査委員会が省の公務員たちに対して、そんな規則を発表した。

 地元紙によれば、省規律委は党員の浪費に対する取り締まりを強めており、今回の新規則もその一環だ(中国では公務員のほとんどが共産党員)。

 今後はあらゆるレベルの役人が、大掛かりな私的行事に際しては少なくとも10日前までに、計画や支出内容について報告しなければならない。さらに全費用を年間報告書で申告する必要があり、同僚がそうした行事に参加することも禁じられる。

 汚職などを監督する機関である規律検査委員会は、これらの規則によって倹約の風潮が生まれることを期待している。

 同委員会は、規則違反の内容を分かりやすくするため「4つの禁止事項」を発表した。

1)仕事の関係者を客に招かない。

2)仕事で関わりのある人物から贈り物や現金を受け取らない。

3)公費を使わない。

4)豪華な式を行わない。

 広東省の動きは、共産党の汚職撲滅を掲げる中央政府と軌を一にするものだ。習近平(シー・チーピン)国家主席は昨年3月の就任以降、党内のあらゆる階層にいる汚職幹部を一掃するため、浪費に対する締め付けを強めている。金遣いの荒さは不正行為と強い相関関係があるからだ。新しい家といった高価な物から、月餅などのささやかな品々まであらゆる支出が詳細に調べられている。

 結婚式は特に腐敗の温床になってきた。豪勢な式や披露宴には、高級車や高級酒などの贈答品や祝儀が付き物。こういったプレゼントが贈収賄や不正蓄財の抜け道として使われてきた。

 実際、北京の新聞によれば、倹約を求める規則に反したとして12年に捜査を受けた役人のうち、17%は豪華な結婚式を挙げていた。ある重慶の役人は、息子の結婚式に出席した人々から現金で200万元(約3200万円)を受け取ったという。

 「トラもハエもすべてたたく」と言った習の汚職撲滅キャンペーンの次の標的は?

[2014.4.22号掲載]
ミシェル・フロルクルス

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング