大相撲の伝統を継承しているのは誰なのか? - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2014年5月27日 12時41分

<筆者からのお知らせ>
このエントリの掲載後、事実関係に訂正が必要となりましたので、訂正エントリを併せてお読み下さい。

 29回目の優勝を果たした横綱の白鵬関は、優勝決定のインタビューには応じたものの、恒例となっている「優勝から一夜明けた時点でのインタビュー」について、拒否の姿勢を示しました。

 何とも異例な対応であり、人物としても大人であるという評価が確立している白鵬関のことですから、「もしかしたら余程のことなのかもしれない」という見方が出るのは自然だと思います。

 この「会見拒否」ですが、白鵬関の性格などを考えると、もしかしたら「その理由は永久に話すつもりはない」のかもしれません。また、それが彼らしくて良いという考え方も、また「理由を明かさない」というのが角界の今後を考える中では「最適解」だということも言えるかもしれません。

 いずれにしても、この異例な「会見拒否」の理由としては、1つの可能性が否定できません。それは、数日前に行われた講演会で、舞の海秀平氏が行った発言です。

 舞の海氏は「外国人力士が強くなり過ぎ、相撲を見なくなる人が多くなった。NHK解説では言えないが、蒙古襲来だ。外国人力士を排除したらいいと言う人がいる」と語ったというのです。

 また、こうした発言が出る「ムード」が相撲界の周辺にはあるようです。例えば今場所でも最後まで白鵬関と優勝を争った稀勢の里関を応援する余りに、千秋楽の結び「白鵬対日馬富士戦」では日馬富士への異例な声援が起きたというのです。要するに日本人力士の優勝が見たいというわけです。

 さすがの白鵬関も、こうした問題にはガマンがならなかった、そこで「一夜明け会見のキャンセル」という挙に出たということは十分に考えられます。ですが、白鵬関は、現時点では、その真意を語ることはしていません。以降は、今回の会見拒否の真意として、一連の「モンゴル力士排斥ムード」への抗議があったという前提で書いています。

 仮にそうであったとして、白鵬関はどうして真意を明かさないのでしょうか? それは言葉にしてしまえば新たな反発を呼ぶかもしれず、回り回って相撲界の周辺が騒がしくなってしまうからでしょう。また、言葉で反論してしまえば、例えば舞の海氏も「周囲の支持者」の存在を考えると引込みがつかなくなるという計算もあるかもしれません。

 更に言えば、白鵬関としてはモンゴル出身力士の代表として抗議をしたという思い以前に、当時理事長であった故放駒将晃氏と共に乗り切った八百長問題の日々を含めて、長く苦しい時期に自分が角界を背負ってきたという自負の思いがあるのかもしれません。そうした思いからの抗議であれば、その真意を語らないほうが、かえって思いが伝わる、そんな判断もあったのかもしれません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング