エマ・ワトソンの「アイビー卒業」、気になるボディーガードの正体とは? - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2014年5月29日 12時44分

 女優のエマ・ワトソンと言えば、10歳の子役として映画の『ハリー・ポッター』シリーズの第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』でハーマイオニー役を演じて以来、このシリーズの全8作に出演しており、1990年代生まれの女優の中では、大変な知名度を誇っています。今年に入ってからは『ノア』という「ノアの方舟伝説」の映像化作品も公開されています。

 そのワトソンは、忙しいスケジュールの中、英国の高校卒業資格をしっかり取って、最終的にはアメリカのロードアイランド州にある、ブラウン大学に入学しました。ブラウンといえば、「アイビー・リーグ」加盟8校の一つであり、実学にも人文科学にも強い名門です。

 これに伴って、アメリカのニューイングランドに通学し始めた彼女は、自然とニューヨークの芸能関係の社交界にも顔を出すようになりました。そのためもあって、この間、ニューヨークの芸能メディアは、常に彼女のことを追いかけており、やれ交際相手が変わったとか、大学では孤独だとか、好き勝手なことを書かれていたのです。

 ブラウンのカリキュラムは決して生易しいものではなく、女優業との両立は大変だったようです。一部には、中途で退学したなどという報道も出る始末でした。ですが、結局6年を要したのですが、ワトソンは、この5月に無事にブラウンの学位を授与されたのです。専攻は英文学でした。

 今週行われたブラウンの卒業式にワトソンは列席し、角帽とガウンを身につけたセルフィー(自分撮り)は世界中を駆け巡りました。AP通信社は「スーパーな卒業生」だとして、彼女の努力を賞賛する記事を全世界に配信しています。

 ですが、その卒業式に列席していたワトソンの隣に、やや不自然な列席者が並んでいるのを一部のメディアは見逃しませんでした。角帽とガウンを身につけているのですが、相当に年配の女性です。

 メディアは式典の終了後もこの女性を追跡したところ、彼女はさっさとガウンを脱いで軽装になると、そのままワトソンと一緒にどこかへ消えてしまいました。その腰には、小型の拳銃がしっかり装着されていたのです。また、通信機と思われる装備もしていました。

 この女性は、ワトソンのボディーガードだったのです。ガウンと角帽で偽装していたということは、いわゆる「アンダーカバー」、つまり覆面ボディーガードというわけです。

 この問題はメディアの格好の餌食になりました。その背景には「銃社会」の問題があります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング