「ヒラリー大統領」待望論が高まる理由

ニューズウィーク日本版 / 2014年6月9日 12時14分

 就任6年目を迎えたオバマ米大統領の不人気が続く。昨年8月以降、不支持率が50%を超えているのは、シリア内戦での「レッドライン」をめぐる迷走や、医療保険制度改革法(オバマケア)のネット登録での不手際などの失点を補う目立った成果がないからだ。

 そんななか、アメリカは政治の季節を迎えた。全下院議員と上院議員の約3分の1を改選する今年11月の中間選挙、さらに16年の大統領選に向けた候補者レースに注目が集まっている。

 ピュー・リサーチセンターとUSAトゥデー紙が先月行った合同世論調査によると、中間選挙で共和党を支持すると回答したのは47%で、民主党の43%を上回った。このまま行けば、共和党は上下院で過半数を獲得し、現在の「ねじれ議会」を解消できそうだ。

 ただし大統領選となると、共和党はぱっとしない。米FOXの世論調査によると、いま大統領に最も近いのがヒラリー・クリントン前国務長官だ。支持率49%で、共和党の有力候補者たちを10ポイント以上引き離している。

ブッシュ家とクリントン家の戦いに

 共和党の面々はどれも冴えない。ニュージャージー州のクリス・クリスティー知事は「共和党を救う男」と期待されていた。しかし知事選で自分を支持しなかった州内の市長に対し、交通規制で同市の道路を渋滞させる、という子供じみた報復を仕掛けたことが今年明らかになった。

 テッド・クルーズ上院議員は昨年、オバマケアの予算審議の打ち切りを求め21時間も議会演説を行い、全米の注目を集めた。ただ過激なこの手法には、共和党内からもあきれる声が出た。

 期待が集まっているのがブッシュ前大統領の弟、ジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事。2人の大統領を輩出した名家の知名度は抜群だが、本人はまだ出馬を表明していない。



 民主党も人材に恵まれているわけではないが、ヒラリーは個性も知名度も格別で、党内では圧倒的な強さを誇る。先の世論調査でも「大統領候補にしたい民主党議員は」という質問に対し、約7割がヒラリーを挙げた。

 2年後の大統領選はブッシュ家とクリントン家の対決になるかもしれない。これほどアメリカ政治の人材払底ぶりを示す実例もないだろう。

 代わり映えしない政治家たちによる機能不全の政治に、アメリカ国民の不信感は高まっている。オバマの不人気は、その表れでもある。

[2014.6. 3号掲載]
前川祐補(本誌記者)

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング