クルーズ復活作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

ニューズウィーク日本版 / 2014年7月9日 13時32分

 桜坂洋の『All You Need Is Kill』が原作のSF映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、繰り返される「時間のループ」が物語の要だ──。そう聞いて、ハリウッドまで時間のループに陥ってしまったのかと思った。『恋はデジャ・ブ』と『スターシップ・トゥルーパーズ』を混ぜたような話で、トム・クルーズ主演のアクション映画なんて、見る前から展開が読めるような気がしたから。

 だがうれしいことに予想は外れた。この作品はすごく面白い。人生観を変えるような名作ではないにしても、しっかり楽しめる夏休み映画だ。

 クルーズ演じるケイジ少佐は前半ではいつもの彼のイメージと違い、軍人なのに広報担当で戦闘能力ゼロだ。恐ろしい地球外生物ギタイとの戦いから逃げ出し、脱走兵の汚名を着せられて壮絶な上陸作戦に参加させられる。すぐにエイリアンに殺されるが、時間のループのせいで、作戦に出発する日の朝に戻ってしまう。

 この死と生還を何度も繰り返して経験値を積んでいくケイジ。やがて彼は最強の女性兵士リタ(エミリー・ブラント)に出会い、彼女に鍛えられて戦闘能力を高めていく。そして2人は、ケイジが持つ時を繰り返す能力を使って、エイリアンとの戦いを終わらせようと計画する。

 クルーズの演技は弱虫だった前半のほうがずっといい。後半に入り、いつもの彼らしいスーパーヒーローに変貌していくと飽きを感じずにいられない。ただそれはそれで説得力があるともいえる。戦い、死に、生まれ変わるを何年も繰り返していれば、誰だって飽き飽きするし、嫌でも強靭にならざるを得なくなるからだ。

 クルーズより輝いていたのはブラントだ。屈強で実直な兵士を自信満々に演じている。口ひげの軍曹役のビル・パクストン、将軍役のブレンダン・グリーソンの好演も映画の成功に貢献している。

 問題はエイリアンだ。地球外生物として本当に存在しそうには見えない。躍動感や迫力はあるが、単調な動きに見えてくる。結末にもかなり無理がある。ストーリーに独創性がないのも痛いが、頭を使わずに楽しめるアクション娯楽としては合格点だ。

 共演者、脚本、そしてダグ・ライマン監督の経験豊かな演出に助けられて、クルーズのうれしい復活作となった。

[2014.7. 8号掲載]
ベン・スキッパー

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング