ブラジル人はこの屈辱を忘れない

ニューズウィーク日本版 / 2014年7月10日 14時47分

 ワールドカップ(W杯)準決勝における7-1というスコアは、現代サッカーの常識からいってあり得ない数字だ。しかも屈辱的な敗退を喫したのは、W杯史上最多となる5回の優勝経験をもつブラジル。そんなあり得ない事態が、7月8日(現地時間)の対ドイツ戦で現実になった。

 6分間に立て続けに4点を奪われ、前半を終えた時点で5-0という展開に、ブラジルメディアは怒り狂った。有力紙フォーリャ・デ・サンパウロの電子版はハーフタイムに、「ドイツが5点、ブラジルを大虐殺」と題した記事を掲載。「ブラジルの恥」という見出しを掲げた日刊紙もある。

 国民の失望は計り知れない。試合終了後には各地で略奪や小競り合いが発生し、サンパウロではバス20台が放火される騒ぎも起きた。

 ブラジル代表チームの選手たちには今後、想像を絶するような厳しい非難の嵐が浴びせられるだろう。自国開催のW杯の大舞台で完膚なきまでに打ちのめされたことで、サッカー王国のプライドはズタズタに傷つけられている。

 ブラジル代表チームは、同じく自国開催だった1950年のW杯での「マラカナンの悲劇」を乗り越えるという大きな使命を背負って、今大会を戦っていた。当時、リオデジャネイロのマラカナン・スタジアムで行われた決勝でブラジルはウルグアイに逆転負けを喫し、W杯優勝を逃したのだ。あのときの悲しみを、ブラジル国民は今も忘れていない。

 だが今回の歴史的大敗に比べれば、マラカナンの悲劇など取るに足らないものに思える。1試合で7失点したこと、それが準決勝だったこと、満員のサポーターで埋め尽くされたホームゲームだったこと──すべてが悪夢だった。

 この歴史的大敗にはすでに、スタジアム名を冠した「ミネイロンの悲劇」という不名誉な名前が付けられている。

 ブラジルの代表的なニュース週刊誌ベジャは、涙を流すサポーターの写真の脇に「矢継ぎ早にゴールを決められて」という説明文を付けた。今までは、ブラジルと対戦した相手チームを描写するときに使われる決まり文句だったのだが......。

アルベルト・リバ

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング