アメリカは警官の性犯罪に大甘

ニューズウィーク日本版 / 2014年7月18日 12時59分

 警察官による性的暴力の実態を、きちんと把握するのは不可能らしい。米ニュースサイト「トゥルースアウト」によれば、まともなデータを持つ機関はどこにもなく、報告が残っていても記述は短く、立件されなかった事例が目立つという。

 しかし、警官による性犯罪は現に次々と起きている。首都ワシントンで、元警官が自宅に未成年の少女を集めて売春させていた事件が発覚した。ウィスコンシン州では女性2人の殺害容疑で元警官が逮捕され、テキサス州では妻への暴行で現職警官が逮捕された。勤務中に少女らに性的暴行を加えた罪で35年の実刑を言い渡された警官もいる。

 民間の支援団体で性犯罪被害者の対応に当たっているジェニファー・マーシュによると、匿名OKの専用電話による通報はたくさんあるが、そのうちどれだけが容疑者の警官の逮捕に至っているかも、訴えが棄却される例がどれだけあるかも、正確には分からないという。

 取り調べでは被害者よりも警官の証言が信用されがちだし、警官は巧妙に相手を選んで犯行に及んでいる。マーシュによれば「彼らが狙うのはセックス産業で働く女性や、アルコールや薬物の影響下にある女性」で、いざとなると「そういう人の証言は信用できないと主張する」のだ。

 シンクタンクのケイトー研究所の非公式調査によると、警官が訴えられる民事訴訟で2番目に多いのが性的事件で、10年には全体の9・3%を占めていた。訴えられた警官618人のうち354人は強制わいせつ行為によるもので、その被害者の半数以上は未成年だったという。

 もともと性犯罪は立件しにくいし、司法省の推定では、性的暴行事件の6割は当局へ通報されることもない。実刑となる確率はわずか3%で、その中に警官が何人いるかは不明とされる。警官による性的暴力事件の多くは勤務中に起きているが、たいていは単独犯だ。逮捕されても尋問に当たるのは身内の警官。公正な捜査など期待するのが無理なのだろう。

[2014.7.22号掲載]
ポーラ・メヒア

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング