急増する中国系移民にバンクーバーで高まる反感

ニューズウィーク日本版 / 2014年7月25日 12時4分

 カナダ西岸の都市バンクーバーが、中国からの移民に埋め尽くされようとしている。今やこの都市は香港をもじって「ホンクーバー」と揶揄され、アジア以外で「最もアジアらしい街」との異名を取る有り様だ。

 中国系移民は独自の文化を育み自分たちで仕事も生む。だが最近になって、他のカナダ人住民らが彼らを敵視しだした。まず標的にしているのは、街にあふれる中国語の看板や広告だ。

 ノースバンクーバーに住むブラッド・サルツバーグは、中国人向けの広告が「英語とフランス語による伝統的なカナダのアイデンティティーをむしばんでいる」と言う。今月中旬には、ウェストバンクーバーのバス停に掲げられた多数の中国語の広告に「カナダの公用語を大切に」と書かれたステッカーが貼られる事件が発生した。

 ウェストバンクーバーのマイケル・スミス市長は、中国語の広告は何ら問題がないと語る。「カネを払えば何でも好きな言語で広告を出せる」と彼は言う。

 中国人排除の動きは、香港が中国に返還され、移民が急増した97年前後から問題になり始めた。ブリティッシュ・コロンビア大学のダニエル・ヒーバート教授(人口統計学)は、31年までにバンクーバーとトロントの中国系人口が倍増するとの予測を発表。バンクーバーの中国系人口は総人口の23%となる80万9000人に急増するという。

 中国の裕福な中流層が住宅を買い占めていることも、バンクーバーの住宅市場を破壊するとして非難されている。05〜12年の8年間でブリティッシュ・コロンビア州に「投資移民」として移住した約3万7000人のうち、3分の2が中国本土からの移民だ。バンクーバーの不動産価格は北アメリカ最高クラスで、購入者の大多数が裕福な中国系だという。



「セカンドハウスとしてカナダの高額物件を買うなど超高級市場で外国人の動きが活発だ」と、ブリティッシュ・コロンビア不動産協会の首席エコノミスト、キャメロン・ミューアは言う。

 中国系の投資がこの地域の高級市場の高騰を招いているのは確かだが、外国からの投資のせいでバンクーバーのマンションが法外な高値を付けているとの見方は正確ではないと、ミューアは言う。

 中国語の広告と同様、不動産市場での動きもまた、カナダ人の疑心暗鬼を招いている。

[2014.7.29号掲載]
ミシェル・フロルクルス

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング