新型iPhoneに乗り換えるべき6つの理由

ニューズウィーク日本版 / 2014年9月17日 15時34分

 今度はアップルの反撃だ! ここ数年、特に新興市場では、大型画面のアンドロイド搭載スマートフォンがiPhoneの市場シェアを切り崩してきた。しかし今月、4.7インチ画面の最新型「iPhone6」と5.5インチの「6プラス」を発表したアップルは、とうとうアンドロイド端末の最大の武器「大型画面」を採用した。

 発売日の19日を前に、「6」と「6プラス」の予約販売は記録的な伸びを見せている。新型iPhone購入者のうちどれくらいがアンドロイドから転向したユーザーかは、今後のデータを見てみないと分からないが、もしあなたがアンドロイドに囲まれて暮らすアップルファンなら、今こそ買い替え時。その6つの理由とは?

(1)アンドロイドの売りは大型画面だけ アンドロイド端末の各メーカーは5インチ、時には6インチを越える大型画面のスマホを製造してきた。アップルが4インチ画面にこだわり続けたため、大型画面のスマホが欲しければアンドロイドを買うしか選択肢はなかった。

 しかし今や、アップルは最新型の「6」と「6プラス」で、スマートフォン市場の2つの重要なゾーンをカバーできる。4.7インチの「6」は最も需要が高い4インチと5インチの間のゾーンを、そして5.5インチの「6プラス」は手頃な価格と仕様の機種が少ない5インチ以上のゾーンをカバーする。アップルは、これまで画面の小ささで逃がしていたユーザーを取り戻そうとしているというのが、専門家の見方だ。

(2)アンドロイドは機能が複雑過ぎ  アップルのiOSは、シンプルで直感的な操作性で知られている。一方のアンドロイドは、カスタマイズや最新のアプリと機能に対応することに重点が置かれている。このためプログラマーやハッカーはアンドロイドを選ぶが、素人のユーザーには複雑過ぎて使いこなせない。

(3)安全性が心配  アップルのクラウドサービスからセレブのヌード写真が流出した事件は記憶に新しいが、アップルのソフトは安全性が高いというのが業界の定説。ソフトもデバイスも暗号化するので、端末上のすべての情報が保護されている。しかしアンドロイドは、誰でもプログラムにアクセスして好きなように変更できる「オープンソース」。開発者やプログラマーには都合が良いが、一般ユーザーにとっては不安。

 もちろんアンドロイドもほとんどの有害ソフトをブロックしているが、それでもアップルの端末の方がより安全性は高いと言えそうだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング